本当に大切なことを見つける方法〜死について考えよう〜

 

こんにちは、けちろー(Kechiro1919)です。

 

今回は、『本当に大切なことを見つける方法』について書いていきたいと思います。

 

オススメユーザー

・やりたいことができなくて毎日がつまらない人
・やりたいことがそもそも分からない人
・自分の人生を見つけることに苦しんでいる人

 

こんな人にオススメです。
この記事を読めば、『自分の本当のやりたいこと』に気がつけるかもしれませんので、
読み通してみて下さい。何か発見があれば嬉しいです!

 

それでは、内容に進みましょう。

 

自分の死について考える

 

 

今回は、『自分が本当にやりたいことを見るけるための手段』として、自分の死について考えるという方法をご紹介します。

 

人間は、いつか必ず死にます。
大切な家族、大切な友達、大好きな恋人。
必ず永遠の別れがやってきます。
死んでしまえば、そういった人達と話すことは二度とできませんよね。

 

どうせ死ぬのに、なんで今こんなに苦しい思いをして頑張っているのだろう。
そう思う人もいるかもしれません。

 

こう自分に質問してみて下さい。

 

『もし1週間後あなたが死んでしまうとしたら、あなたは何がしたいですか?』
『もし明日、死んでしまうとしたら、あなたは今日をどんな1日にしますか?』

 

この質問に対する答えが、きっとあなたの本当にやりたいことですし、大切にしているものだと思います。

 

明日死ぬとしたら、あなたは今日のような1日を過ごすのでしょうか?
もう一度考え直してみましょう。

 

死ぬ前に後悔することって?

 

 

 

参考までに、『死ぬ前に後悔すること』を紹介します。

多くの人は以下のリストについて後悔をします。
あなたの犠牲にしているものが入っていませんか?

 

「自分に正直な人生を生きればよかった」
「働きすぎなければよかった」
「思い切って自分の気持ちを伝えればよかった」
「友人と連絡を取り続ければよかった」
「幸せをあきらめなければよかった」

 

 

引用:死ぬ直前の5つの後悔

 

私たちがを最も苦しめる後悔は、「理想の自己」として生きることができなかった後悔である。

ー雑誌『Emotion』 心理学者のTom Gilovich氏ー

 

 

第1位:愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと
第2位:美味しいものを食べておかなかったこと
第3位:自分の生きた証を残さなかったこと
第4位:自分のやりたいことをやらなかったこと
第5位:いきたい場所に行かなかったこと
第6位:タバコをやめなかったこと
第7位:子供を育てなかったこと
第8位:仕事ばっかりだったこと
第9位:感情に振り回された一生を過ごしたこと
第10位:健康を大切にしなかったこと

 

 

引用:死ぬときに後悔すること25

 

自分のやりたいことを押し殺して、幸せになる努力をやめてしまったこと。自分に嘘をつきながら生きてしまったこと。自分に正直になれなかったこと。

 

このように、『本当の自分』に目を背けながら生きて生きていくことが後悔に繋がっています。

 

皆さんはどうでしょうか。
自分に正直に生きていますか?

 

 

7つの習慣でも勧められている『死から考えること』

 

 

大ベストセラー、社会人にとっての教科書的な存在の『7つの習慣』においても、『死から人生を考えること』が紹介されています。

 

自分の追悼文を考えよう

 

自分の葬儀を想像してみましょう。
あなたの葬儀では、あなたを想う『追悼文』が読まれますね。

どのような内容が良いですか?

 

・あなたの人格はこのような人だった。
・どんな貢献や業績を残したのか。
・残った人たちに、どんな影響を残したのか。

 

上の内容について考えてみましょう。

 

コビィー博士が大切だといったのは、『自分自身の本当の目的を知ること』『正しい目的を持つこと』と述べています。

 

自分の死を考えることで、『本当に大切なもの』『本当の価値観』について知ることができます。
もし、7つの習慣を読んだことがない人は、1度手にとってみる事をオススメします。

 

より内容を詳しく知る事で、人生の目的を知るための助けになるでしょう。

 

 

・7つの習慣

 

 

メメント・モリ「自分が必ず死ぬことを忘れるな」という意味

 

 

 

もう一つ、『死について』の言葉を紹介したいと思います。

『メメント・モリ』とは、古代ローマで将軍に「今日は絶頂であるが、明日はどうであるか分からない」ことを思い出させる役目を任されていた使用人が使用した言葉です。

 

ただし、本来の意味は、『今を楽しめ』という意味で使われていたというお話もあります。

 

明日はどうか分からないんだから、『今』を楽しむんだ。

 

すごく大切な考え方ですね。

 

まとめ:正解がない人生をどのように歩むのか

 

人生において正解はありません。
結局は、『自分自身が納得した人生かどうか』が判断のポイントになってくるのかなーと感じます。

 

もちろん、死について考える必要もないですし、人生の目的なんて持たなくても良いと考える人もいるでしょう。

 

もちろんそれも正解になるのかなと思います。
その人が幸せであるならば。

 

私自身が考えたことは、

 

『いかに自分の持っている力を使って、他人の役に立つのか』

 

が非常に重要だと考えました。あくまで私の判断ですが。(笑)

 

 

『明日死ぬとしたら、どのように人と関わるのか』
『メメント・モリ(今を楽しめ)』

 

この言葉を忘れずに、生きて行きたいものですね・・・。

 

けちろー

最後まで読んでいただいてありがとうございました!自分にできる限りのことを毎日やって行きたいと思います。健康に関する情報や、オススメ本などの紹介をしているので、是非フォローしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です