こんにちは、けちろー(eEkK1919)です。

けちろー
最近、よくサブスクリクションっていう言葉聞きますよね。皆さんどういうことだか知っていますか??

サブスクリクションというのは、とある料金システムのことを言います。

けちろー
現在世界は、「製品中心の考えから顧客中心の考え方に変わってきている」と言われています。

いいものを作るというよりも、顧客が必要としているものを提供する世の中になってきています。
つまり、所有から利用へと消費者のニーズが変化してきているということですね!!

新しいものが好きなので、少し調べようと思って本を探したところ、
ありましたよ。分かりやすいのが(笑)

タイトルがダイレクトにサブスクリクション(笑)
ダイレクトアタックですわ(笑)

書評も交えつつ、サブスクリクションについて分かりやすく説明して行きますね。

サブスクリクションって何???

サブスクリクションというのは、NetFlixやAdobeが行っている、月々の支払いでサービスを利用できるビジネス形態のことを指します。

けちろー
あー、月額払いのあれね〜。

みたいなイメージがするのですが、どうやらそうではないです。似て非なるものと言って良さそうです。

 

サブスクリクションの最大の特徴は、製品中心ではなく、顧客中心という概念にあります。
一人一人にあったサービスを提供する。というところが、月額制のサービスとは大きな違いです。

 

 

著者のティエン・ツォさんは、サブスクリクションの流行にいち早く気づいた人物です。
著書の中でも、世界の中心が製品からサービスに変わりつつある。と述べています。

つまり、
「顧客に応じてサービスを素早く変化させ、
一人一人にぴったりのサービスを即座に構築・提供することができる。」
というところが、サブスクリクションの最大のメリットだと言えそうです。

実際、サブスクリクションを導入している企業(NetFlixやAdobe)は大きく伸びているわけですから、
世の中の需要は確実に製品からサービスへ、そしていかに迅速に個人に合わせたサービスを提供することができるのかへと変化していると言えそうです。

 

本の目次紹介

けちろー
目次を紹介していきますね。
目次

1部サブスクリクション・エコノミーの到来
第1章:製品中心から顧客中心へ
第2章:小売業にまつわる誤解
第3章:メディアの隆盛
第4章:飛行機、電車、自動車-サービスとしてのモビリティ-
第5章:新聞・出版-かつて新聞を出していた会社-
第6章:テクノロジー産業の復活-魚を飲み込め!-
第7章:IOTと製造業の興亡-モノを売る時代は終わった-
第8章:所有から利用へ-あらゆるビジネスに広がる成長機会-

と、こんな感じで構成されています。

 

一番強いメッセージとして感じたのは、
時代は製品中心から顧客中心になっている。そのサービスを提供できるのがサブスクリクションである。
ということです。

本書を読むことで分かること

この本を読んで分かること

1、サブスクリクションとは何か
2、実際にサブスクリクションに取り組んだ企業はどうなっていくか
3、今後、どのようにすれば企業がサブスクリクションを取り入れていくことができるか
4、サブスクリプションってめちゃくちゃいいし、ティエン・ツォさんかっけえ!!

この4つですね。
特にお気に入りの言葉は、
サブスクリクションは、顧客の幸福の上に成り立っている。という言葉です。

けちろー
か、かっこいい・・・。

本を読み終わった後に、
ティエン・ツォさんの会社「Zuora」のホームページを見たのですが、
もうかっこいい。大好きになりました(笑)

どちらかと言えば、消費者としてではなく、会社を経営している人や会社に対してのサブスクリクションの提案書のような感じです。

サブスクリクションを取り入れるためにはどうすれば良いかや、実際に取り入れた企業がぶつかった壁などが詳細に書かれています。

なので、会社を経営する人やこれからビジネスを始める人にとっては必読書と言っても過言ではなさそうです。

Zuora自体が、サブスクリクションを広めていくことを活動内容としているので、自然とこういう切り口の本になってしまうのかもしれませんね。

Zuoraの紹介

ホームページ載せときますね(笑)

是非見て欲しい。

 

この本を読むと、サブスクリクションのことが大好きになると思います。
そしてZuoraのことも。
そして、今の時代の流れについて深い考察が得れるようになります。
なので、読んだほうがいい本です。是非読んでみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元国体バスケットボール選手。群馬県にバスケットボールの『ストリートコート×カフェ×ファッション』のバスケを通じて人が出会える場所を作るために毎日奮闘中。ブログとFXをやっていますが、収益化したものを新しい事業に投資するためにやっています。小さく毎日コツコツと。お金よりも充実を求めます。