孤独に強くなることで時間を創出することができる。

 

こんにちは、けちろー(Kechiro1919)です。

今回は、孤独に強くなることで時間を作ることができるという話をしていきます。

 

誰かといるときは楽しいけども。

 

誰かと遊んでいるときは本当に楽しいです。
誰かといるときは嫌なことが忘れられるし、すごく幸せな気持ちになれます。

私も友達と一緒にいることが大好きです。

 

しかし、自分が目標達成に必要な時間であるかと聞かれると
かなり微妙になってきますよね。

 

『確かに楽しいけど、目標達成の前進にはなっていない。』

 

なので、目標が明確になればなるほど、一人の時間を欲するようになりました。

 

なので、目標ができてから、友人の誘いを断るようになりました。

それまでは、『めっちゃフットワーク軽い』で定評がありました。
夜中2時でも飲み会の誘いがくるくらいです。
僕も行くんですけどね(笑)

 

そんな僕が急に誘いを断り出したので、
「どうかしたの?」と心配をしてくれる人もいましたが、
「やりたいことがあるんだ、ごめん!」
と断り続けました。

 

3回断ると次からは誘われないという言葉がありますが、これは本当です(笑)
本当にぱったり誘われなくなりました。

 

正直少し寂しいところもありますが、
友達との時間を削ることで、『自分の時間』を作ることができました。
この時間を活用して、英語や投資、バスケットボールの練習をしています。

 

友達も、確かに遊ばなくなりましたが、
また会えば昔のように話すことができます。
幸い、僕の周りにはそういう友人が多いので、
全然会っていなくてもどこかで繋がっている気がしています。
(片思いかもしれませんが笑)

 

何かをすることを決断するということは、
もちろん何をするのかも重要ですが、同じくらい何をしないのかを決めること
大切だと思います。

 

何かをしている時間は、何かをしていない時間なわけですから。

 

孤独を好きになる。

 

こんなことを考えながら生活していると、与沢翼さんのこんな動画に出会いました。

 

 

『成功したいなら、圧倒的に孤独になれ』

 

成功者が自分と似たような感覚を持っていることがわかると、
すごく嬉しい気持ちになりますね。

 

ここまで私の場合大袈裟ではありませんが、孤独の時間は必ず必要ですし、
自分の心と会話をする閉鎖的な時間も必要だと思います。

 

鏡の前で『今日死ぬなら、今考えていることをするのか』と自問する

 

すごく有名な言葉だと思います。

スティーブ・ジョブズさんのスピーチですね。

 

『孤独を愛し、自分の時間を作る』というのは、あくまで目標を達成するための手段かな、という感じがします。

 

でも、『誰かといることを自ら選択肢し、その選択に責任を持つ』と決めるのならば、
きっとそれが正解なのだと思います。

 

要は、自分が納得してその選択肢に責任を持つことができるかどうか
ということがとても大切です。

 

誰かのためではなくて、自分のために生きているわけですから、
自分が納得のいく選択をして下さい。

 

1日1日を、好きなことでデザインしていくイメージです。
毎日に自分の好きなこと、楽しいことが増えていけば、絶対に幸せですよ。

 

これだけ世界がいい方向に進んでいるわけですから、
できないことの方が圧倒的に少ないです。

 

※世界がいい方向に進んでいるかどうか疑問の方は、この本を読んでみて下さい。

 

 

「ローマは1日してならず」という言葉がありますが、
人生に1発逆転はありません。
日々の努力がモノを言う世界です。
1日1日を全力で。これが大前提だと思います。

 

私自身も現実と理想のギャップは大きいですが、
そのギャップを少しずつ埋めていくことができていると感じています。

 

毎日進んでいます。
小さな積み重ねが、大きな違いを生むと思うのです。
1日1日にフォーカスして、全力で駆け抜けて生きましょう。

 

けちろー
少しでも前向きに頑張る人が増えると嬉しいです。参考になったら、フォローよろしくお願いします。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元国体バスケットボール選手。群馬県にバスケットボールの『ストリートコート×カフェ×ファッション』のバスケを通じて人が出会える場所を作るために毎日奮闘中。ブログとFXをやっていますが、収益化したものを新しい事業に投資するためにやっています。小さく毎日コツコツと。お金よりも充実を求めます。