(書評)この先の未来、どう生きるのが正解か。

こんにちは、coolman(eEkK1919)です。

皆さんは、将来について考えたりはしますか?

もちろん。考えたりすることはあると思います。私もあります。

将来に対して漠然とした不安がありますよね。

不安の1つに、「仕事」があります。

これほど時代が大きく変わってきているのに、自分の働き方は全然変わっていない。このままでいいのか。

今回は、この先どのような人材がELITE(エリート)と呼ばれるのかの考察をまとめた本をご紹介します。[su_highlight background=”#fbef53″]著者:ピョートルさんの、「NEW ELITE」[/su_highlight]です。

いやー、面白かったです。まず、ピョートルさん自身が面白いです。

本書の中で、自分のことを「変な外国人」なんて呼んだりして、非常に親近感の沸くような語り口です。

ただ、現在や将来に対しての考察は鋭く、本人もかなり苦労してきました。

過去の苦しい経験を現在にどのように繋いで行ったのか、ピョートルさん自身の経験を踏まえながら、将来を考察しています。

では、目次を見ていきましょう。

目次、ページ数、出版日

第1章:2020年代の成功者とは?

第2章:常に学び、自分をアップデートする。

第3章:決断は直感で。早く動いて結果を出す。

第4章:会議、チーム作りはアウトプットから逆算する。

第5章:スプリントのリズムで体調を管理する

第6章:人材をめいっぱい活かす企業のやり方

ページ数:295ページ

出版日:2018.3.1

という感じです。

ピョートルさんの、そもそも成功者ってどんな人のことを言うんだろう?と言うところから始まり、自身のgoogleで働いた経験などを交えながら企業のあり方などについても言及していきます。

一番良い点は、ピョートルさん自身の経験から語られている内容が非常に多いこと。

そのような書き方が多いので、私たちも疑似体験できたような感覚になります。

この本を読んで分かること

2020年の成功者像

今までの日本では、いい大学に入って有名な企業に就職する。

と言うのがエリートへの道だと考えられてきました。

皆さんもそのように指導されてきたのではないでしょうか。

しかし、それはすでに崩壊していきていると、ピョートルさんは述べています。

これからの時代は、

[su_highlight background=”#fbef53″]0から1を作る人、また、成長し続ける人がエリートとなる時代がやってくる。[/su_highlight]

と言うことが本書で述べられています。

確かに、何かに乗っかることは簡単です。人がやっていることに乗っかるのは簡単ですが、苦労するのは0→1にすること。

しかし、その過程すら楽しめることが重要なんだ。と言うような感じを受けました。

遊びと仕事の境界線を引いてしまうのではなく、どちらの相互的に作用するのがベストなのかもしれませんね。

もう一度自分の考えを振り返る機会になる

色々な体験談やピョートルさんの価値観を読んでいくと、自分はどうだろうか。と自分自身を客観的に考えるいい機会になります。

自己分析→自己認識→自己開示→自己表現→自己実現→自己効力感

という流れを本書で説明していますが、ピョートルさんが一番主張しているのは、自己効力感。

つまり、[su_highlight background=”#fbef53″]あなたは誰にどのような貢献をしていますか?どのような価値観を提供していますか?[/su_highlight]ということ。

それが、あなたの人生のビジョンに繋がっていきます。

この質問に即座に答えられる人は、自分のビジョン通りに生きているに違いありません。

答えられない人は、これからビジョンを作っていきましょう。

↓ビジョンの作り方についてです。参考になれば是非ご活用下さい。

https://cool-man.me/2018-11-19-095419/

google流会社の在り方

googleに勤めているピョートルさんだからこその切り口ですよね。

googleと日本の企業のギャップをわかりやすく書いてくれています。

もちろん働く側からしたら、どうすることもできませんが、じゃあ、自分がそのような会社を作る側に回ってみる。と言うのも1つのビジョンになり得そうですね。

ピョートルさんは、1つの会社で1つのことをやっているのは良くないと言っている印象を受けます。

その証拠に、冒頭でも、仕事をクビになる覚悟はありますか?などと読者に呼びかけています。

皆さん、会社をクビになる覚悟がありますか?笑

1つの技術ではなくて、自分にしかできないことを見つけ、自分の価値を高めて行くことに注力していきましょう。

これから訪れる個の時代に向けて、準備をしていきましょう!

まとめ

私の読書スピードで1時間かからず読むことができたので、早い人なら30分くらいで読み終わるかもしれません。

ピョートルさん自身が、すごく魅力のある人なのだと伝わってくる本です。

この人と仕事ができたら面白いんだろうなーなんて思います。

本書から、予測不能な将来を生き抜くコンパスのようなものを感じました。

将来に対して不安を抱えている人、または個人としてどのように成長していけばいいのかわからない人。ぜひ読んでみてくださいね。

何か得るものが必ずありますよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人生を10倍楽しむために情報を収集して発信しています。 本業×副業ブログでどこまでいけるか挑戦中です。 メンズ美容、ファッション、お金の問題、読書等、思うがままに記事を作ってます。 バスケットボールが大好きなので、稼いだお金でストリートコートを作ってすぐにみんながバスケできる環境を作ることが夢です。