盛り上がる飲み会はどうやって作り出すのか?圧倒的相手目線で盛りあげろ!

 

こんにちは、けちろー(Kechiro1919)です。

 

 

今回は、『どうやったら飲み会を盛り上げることができるのか』について考えていきたいと思います。

 

 

飲み会については経験値がそこそこあるので、飲み会が盛り上がった有効な方法について
経験を交えてお話ししていきたいと思います。

 

 

けちろー

実は、この記事を書く前日も女子大生と飲み会でした。最近の女子大生はお酒をめちゃくちゃ飲みます。びっくりしました。(笑)

 

盛り上げるために必要なたった一つのこと

 

 

けちろー

全てのコミュニケーションに言えることですが、『相手目線』で話を進め、「どんな飲み会にしたいのか?」「どんなことを話したいのか」を考えて話をすることです。

 

 

自分が話したいことと相手の話したいことが偶然に一致することもありますが、食い違うこともあります。
なので、意図的に相手に歩み寄って会話を盛り上げる必要性が出てきます。

 

 

 

 

相手に合わせながら、少しだけオーバーリアクションをすることがポイントです。

 

 

※オーバーリアクションについては、以下の本に教えていただきました。
コミュニケーションについて深めたい方は、是非読んでみてください!!

 

 

 

 

オーバーリアクションをとることで、相手は『私を受け入れてくれているな』と感じることができるので、話がしやすい環境を生み出すことが可能です。

 

 

今回の飲み会(女子大生)のように、彼女たちのニーズは分かりやすい場合はすごく盛り上げやすいです。
彼女たちは会話というよりも、『お酒を飲む』という目的のもとお酒を飲んでいたので、それにペースを合わせればOKです。

 

 

けちろー

圧倒的相手目線で話を進めていくことが非常に重要ですので、『相手』のことを考えながら会話を進めましょう。普段の雑談から『相手』のことを考えて話をすると身につきやすい力です。どこでも練習できるので、積極的に身につけましょう!!

 

 

圧倒的相手目線という土台があり、その他大切なことがいくつかあるので参考にしてください。
本からの情報と自分の実践から学んだ有効な心構えです。

 

 

基本的に相手のことを否定しない

 

 

討論や自分の考えを述べる場ではないので、(場合によってはそうなる場合もありますが)基本的に相手の意見や考え方を否定するのはNGです。

 

人間が最も恐れるのは『孤独』であり、『否定される』『無視される』ことです。

 

なので、土台として相手のことを『受け入れる』ことが大切になります。

 

なので、『いじる』という行為は最初は難易度が高いので、できるだけ避けたほうがいいでしょう。

 

 

けちろー

いじりすぎて『誰こいつ』ってなったことがあるので、本当に注意してください(笑)

 

信頼関係がある程度できた上で『いじる』のならば、盛り上げる非常に有効な手段になります。
慣れてきたら挑戦してみて下さい。

 

 

『自分』という意識を消していく

 

 

『なぜうまくコミュニケーションが取れないか』というと、『自分』という意識が非常に強いからです。

 

『モテたい』『話が上手い人だと思われたい』『かっこいいと思われたい』という自分に対しての意識が、相手とのコミュニケーションを阻害する原因の一つになります。

 

もちろん相手を不快にされるのはNGですので相手への配慮は必要ですが、上記のような『自分の対しての意識』は持たないようにしましょう。

 

あくまで自然体でいるようにして下さい。

 

『自分がどうみられるか』よりも、『相手は何がしたいのか?どんな話がしたいのか?』と相手に注意を向けて下さい。

 

けちろー

適度にリラックスした状態が良いコミュニケーションを生み出すので、肩肘を張らずに自然体で会話しましょう!!!

 

 

無理に盛り上げようとしない

 

けちろー

一見矛盾しているように見えますが、自分の『盛り上げよう』と相手の『盛り上がる』が違う場合があります。

 

 

落ち着いた雰囲気でも会話が活発に行われていれば、それは『盛り上がっている』ことになるので、
無理して盛り上げようとしてもいけないですし、無理して盛り上げる行為は周囲から見て分かります。

 

みんなが楽しむ飲み会なのに、『盛り上げ役で疲れる』ことになりかねないので、
無理に盛り上げようとせず、自然な流れにある程度身をまかせることが重要です。

 

 

 『キャラ』は遺伝子である程度決まっている

 

自分の幅を広げるために新しいことに挑戦することは非常に素晴らしいことです。
ですが、自分の性格は遺伝と自分の周囲の環境によって決まっています。

 

飲み会の時だけ別人格だぜ!!!!!なんてことはあり得ません。
飲み会になった途端話せるようになったり、人見知りがなくなったりなんてことはありませんから、
ある程度自分がどういった『キャラ』なのか認識しておく必要があります。

 

盛り上げるのが生来得意な人もいれば、静かに相手の話を聞くことが得意な人もいます。
なので、自分のキャラにあった立ち回りができればそれが一番です。

 

もし盛り上げることが苦手な場合は、『盛り上げることが得意』な友人に力を借りればいいんです。

 

自分の力だけではなく、友人や周囲の力を借りて飲み会を盛り上げることができれば完璧です。

 

けちろー

盛り上げることができない自分を責めるのはやめて、ある程度は遺伝で決まっているという事実を受け入れましょう。自分が得意なところで活躍すればOKなので、ラフにいきましょう。

 

 

まとめ〜頑張ってもあんまり意味がない〜

 

正直、飲み会だけ盛り上げようと思っても難しいです。

 

なぜなら、『普段のコミュニケーション』の集大成が飲み会だからです(大げさかな笑)

 

普段から良好なコミュニケーションをとることを意識し、日常から練習している人は飲み会でもその力を遺憾なく発揮します。

 

ですが、普段からコミュニケーションの練習をせずに適当に過ごしている場合は、飲み会だけ盛り上げるなんてことは難しいです。

 

飲み会で面白い人は、普段も面白いです(笑)

 

なので、普段から『相手目線』でコミュニケーションをとる意識を持ちましょう。
そうすれば少しずつコミュニケーションが上手に取れるようになります。

 

けちろー

月15冊のインプットから学んだことを実生活に生かして、有効だったもの情報をまとめています。みなさんに有益な記事が書けるように頑張ります。気に入ったらフォローをよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

全部そこそこ人間▶︎元国体バスケ選手▶︎横国卒▶︎社会人1年目でメンタルブレイク▶︎ブログ始める▶︎人生変わる←イマココ▶︎強みは感謝ができること(VIAより)▶︎目標は会社の縛りから解放されて自然の中で暮らすこと▶︎科学的に人生を変える方法を発信してます。▶︎論文を中心に毎日読書してます。