【筋トレ8ヶ月目】筋トレを継続する方法〜実践例を4つ公開します〜

 

こんにちは、けちろー(Kechiro1919)です。

 

けちろー

今回は、筋トレを継続するコツについて公開したいと思います。
誰でもすぐに簡単に取り入れることができる内容ですので、
是非トライしてみてください!!!!

 

自分の精神力をまずは疑いましょう。

 

 

人間の精神は、必ず楽な方に流れます(笑)
まずはこの現状を理解して、受け入れてください。

 

漫画スラムダンクで、桜木花道がシュート練習をするシーンがあります。
花道が、シュートフォームが自分の理想のシュートフォームとかけ離れていたことを
動画を撮っていた友人のせいにするシーンがあります。
そこで、安西先生は、次のようなアドバイスをします。

 

『己の下手さを知りて一歩目』

 

今となっては身にしみてこの言葉が響いています(笑)

 

『自分はできるんだ!!!!』
『自分の意志は強いんだ!!!!』

 

なんて思っていると、逆に続かなくなります(笑)
私は典型的に楽に流れるタイプなので、意志の力ではどうにもなりませんでした。

 

まずは、自分の意志が弱いということを認めることが一歩目です(笑)

 

ただし、本当に意志が強くて継続できている人はそのままでOKです。
そんな人はこんな記事全力でスルーしていると思いますが(笑)

 

筋トレを継続するために必要な4つの実践例

 

けちろー

では、筋トレのために必要なこと、個人的に有益だったことをまとめていきます。
参考にしてください!!!

 

ジム通いをやめた

 

『筋トレ継続したいのにジムやめたの!?』

 

こう思った人もいるかもしれませんが、私はこれで上手くいきました。
先ほども申し上げた通り、人間の意志は死ぬほど弱いんです。

 

なので、まずジムへ行くという障壁が高すぎます。
移動に10分で、その後風呂入って・・・その後、仕事して・・・
なんて考えただけで、『今日はいいや』となり兼ねません。

 

ポイントは、いかに筋トレまでの障壁を削ぎ落とせるかです。

 

この方法は、後々読んだDaiGoさんの本にも書いてありました。

 

 

 

 

なので私は、自宅に筋トレ用のベンチとダンベルを購入しました。
なので、自宅ですぐに筋トレをすることができます。

 

私が使っているのは、下のベンチです。
5000円以下で購入できるし、丈夫ですので自宅での筋トレに最適です。

 

 

ちなみにダンベルは、以下のものを使っています。
コスパを重視しているので、安いもので揃えています。
ぶっちゃけ、安くても十分です(笑)

 

 

自宅でできるようにしたということが、最大の継続ポイントです。

 

私は、ジムに通うという手間を省きました。
そして筋トレする時間帯ですが、夜に行っています。

 

なぜなら、筋トレ後はシャワーを浴びなければいけないという手間があります。なので、
1日の終わりに筋トレをすれば、どうせお風呂に入らなければいけないので、1回で済みます。

 

とにかく筋トレをするための手間を省いていのです。

 

とにかく、『筋トレがめんどくさい』という状況をぶっ壊して行くのです。
そうすれば、筋トレまでの流れをスムーズに行うことができるので、
グッと習慣にしやすくなるのです。

 

仲間をつくる

 

何かを行う時に、一人の意志だと難しい場合があります。
なので、積極的に筋トレ仲間を作りましょう。

 

幸い、私はシェアハウスをしているので、
友人が良い筋トレ仲間になっています。

 

筋トレ後は、二人で全身鏡の前に立って、

『胸筋でかくなってんなあ・・・』
『ああ、お前もな・・・』

 

という感じでお互いの筋肉を褒め合ってます(笑)

 

一見アホですが、自分の気持ちが乗らない時は非常に有効な手段です。

 

友達がやっているのを見て、
「負けたくねえ!!!」とか、
「友達がやってるからやるか!!!」
というように、自分のお尻を叩いてくれる存在になります。

 

一緒に筋トレをするのが難しい場合は、
誰かに筋トレ後の写真を送るのでもOKですし、
ブログやツイッターで公開するのもありだと思います。

 

とにかく、誰かに報告する。
そうすると、自然と周りが自分の筋トレを見ているような気になります。

 

途中でパッタリやめると、

 

「あれ?もうやめたの?」
「意志弱くね?」

 

なんて思われたらどうしよう・・・!!!
という思考になって、自然と自分のお尻を叩いてくれます(笑)

 

筋トレの仲間を見つけて一緒にワークアウトしたり、
ツイッターやブログで公開しても良いので、
とにかく周りの人を巻き込んで行くことが非常に大切です。

 

プロテインを定期購入する

 

プロテインの定期購入は、個人的には必須です。
これも筋トレまでの障壁を減らして行く作業と同じで、
『プロテインないからやらね。』となることを防ぐためです。

 

前まではamazonでSAVASのプロテインを定期購入していましたが、
値上がりしてアホほど高くなったので、今は『MONOVO』のプロテインを定期で購入しています。

 

▶︎▶︎けちろーが使っているプロテイン

MONOVOはメンズ系の商品を幅広く扱っているので、
個人的に信頼を置いています。
そして何より安い(笑)

 

ぶっちゃけコスパ重視してます(笑)

 

SAVASから変更しましたが、
味も文句ないですし効果に関してもさほど変化を感じないので、
特に問題はないと思います。

 

プロテインがどんどん送られてくるので、
「やべえ!!!やんねえともったいねえ!!」という思考になります(笑)

 

けちろー

もったいないという感覚や、損したくないという感覚は、
人間に最も行動を起こさせやすい感覚
です。

 

なので、意図的に「もったいないと思考する状況」に自分を追い込みます。

 

参考文献は、ダニエルカーネマンの「ファストアンドスロー」です。

人間の行動心理について深く知りたい方はご一読を。

 

 

筋トレがめんどくさいと思ったら、プロテインを作る

 

間違いなく筋トレがめんどくさいと思う日がやってきます(笑)
これは誰にでもやってくる宿命です。

 

なので、めんどくさいと思った時の対処法が必要になってくるのです。

 

これは、かなり有益な方法ですので、絶対に試してほしい方法です。

 

名ずけて、
『筋トレめんどくさかったらプロテインを作ってみる』戦法です。

 

筋トレがめんどくせえー!!と思ったら、
プロテインを作ってしまってください(笑)

 

そうすると、

けちろー

作ったプロテインがもったいねえから、
少しでもやるか・・・。

 

という思考に持っていくことができます。

 

これで私は筋トレがめんどくさいと思う日々を乗り越えてきました。

 

とにかくめんどくさかったらプロテインを作ってしまう。
これが成功の鍵です。

 

正直なところ、この方法はかなりの分野で応用がききます。

 

・ランニングめんどくさいけど、とりあえずシューズ履いて散歩してみる。
・ブログ書くのめんどいけど、とりあえずパソコン開いて自分のサイトをみる。
・朝起きるのめんどくさいけど、とりあえずシャワー浴びてみる。

 

なんでも応用可能です。そして、このシンプルな方法はかなり効果があります。

 

なぜなら、障壁を一つクリアした状態に自分を持って行くことができるからです。

 

ランニングシューズ履いて外にいるのであれば、
あとは走り出すだけですよね(笑)

 

ブログや朝起きることに関しても同様です。

 

とにかく障壁を減らすことが、習慣化の大きなカギを握っているのです。

 

まとめ

 

最後に、筋トレを習慣化するためのコツをまとめて終了したいと思います。

 

まとめ

・筋トレを行うための障壁を減らしていく(ジムではなく自宅でできるようにした)
・筋トレ仲間を作るか、ブログやSNSに報告する。
・プロテインを定期購入する。
・筋トレがめんどくさかったら、とにかくプロテインを作っちゃう。

 

これらに共通していることは、とにかくめんどくさいを減らすことです。
人間の意志は弱いという前提を認めて、めんどくさいを減らすことから始めてみてください!!

 

けちろー
今回は、筋トレを継続するコツを公開しました。実際にやっていることですので、かなり有益だと思います。是非やってみて下さい!!筋トレの方法についてや、その内容に関しても公開して行きますので、情報を受け取りたい方はフォローをお願いします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

全部そこそこ人間▶︎元国体バスケ選手▶︎横国卒▶︎社会人1年目でメンタルブレイク▶︎ブログ始める▶︎人生変わる←イマココ▶︎強みは感謝ができること(VIAより)▶︎目標は会社の縛りから解放されて自然の中で暮らすこと▶︎科学的に人生を変える方法を発信してます。▶︎論文を中心に毎日読書してます。