瞑想やると人生が変わるらしいから1年間朝と晩に瞑想してみた。

 

こんにちは、つくるぶ(hobby___man)です。

 

「瞑想をやると人生が変わるらしい」

 

という言葉をよく聞くようになったのが数年前の話。2chの記事でも瞑想のメリットについての記事を多く見かけるようになりました。

 

スティーブ・ジョブズやgoogle社が瞑想を取り入れている話は非常に有名ですね。

 

有名人がやっているとすぐに真似してやってみたくなるミーハー野郎なので、実際に自分自身の生活に取り入れてみました!

 

あまり長い時間の瞑想は自信がなかったので、朝15分、夜15分に分けて合計30分を行うようにしました。

 

瞑想の種類は、実に500種類以上存在すると言われておりますが、まずは自分の呼吸や対象に集中する『サマタ瞑想』、そして自分の思考や感情をありのままに観察する『ヴィパッサナー瞑想』を取り入れました!

 

瞑想に関しては複数の書籍を読みましたが、以下の本が一番実用的であると思いました。気になる人は是非読んでみて下さい!

 

 

もちろんできない日もありましたが、そこは長く続ける精神で出来ない日は割り切って、できる日に瞑想を続けました。

 

サマタ瞑想とヴィパッサナー瞑想について

 

まずは、サマタ瞑想とヴィパッサナー瞑想について簡単に説明します!

 

サマタ瞑想について

 

サマタ瞑想とは、集中の対象を決めて、ひたすらそれに意識を集中させる瞑想法です。

 

以下はWikipediaからの引用です。まさしく日本語で言うところの「止」の瞑想です。

 

サマタ瞑想[1](サマタめいそう、: samathabhāvanā[注釈 2])は、こころを特定の対象に結びつけて集中力を養う瞑想である[2]サマタ: samatha)、シャマタ: śamatha)、奢摩他[3]とは、ひとつの対象に心を落ち着かせることを意味する仏教用語であり、[4][3]漢訳される[5]。(Wikipediaより)

 

サマタ瞑想の集中する対象となるのは、自分自身の呼吸です。サマタ瞑想の中でも安那般那念(別名アーナーパーナ・サティ)と呼ばれる種類の瞑想法です。もちろん自分の呼吸ではなく、聞こえてくる音や火のゆらめきに注意を集中する方法もあります。

 

ヴィパッサナー瞑想の前段階としてサマタ瞑想を取り入れることが多く、自分自身の心を静かに澄み切った状態にする効果があります。まずは心の中をきれいに洗浄してあげる、そんなイメージかもしれませんね!

 

ヴィパッサナー瞑想について

 

「ヴィパッサナー」には、観察するという意味があります。自分自身の心の中や、目の前にあるもの、感覚などをそのままの形で捉えるといったところでしょうか。

 

以下はWikipediaから参照したものです。

ヴィパッサナー瞑想(ヴィパッサナーめいそう、: vipassanā-bhāvanā)は、ナーマ(こころのはたらき、漢訳: 名〔みょう〕)とルーパ(物質、漢訳: 色〔しき〕)を観察することによって、仏教において真理とされる無常無我を洞察する瞑想バーヴァナー)である[1]

 

自分自身の体の感覚に注意を集中するボディスキャン瞑想もこのヴィパッサナー瞑想からやってきているものだと思います。

 

まずは、自分自身の考えや感情について、自分自身の解釈を挟まずにただ観察することを目指して瞑想をします。我々は人間ですから、どうしても物事を解釈して、その物事が「良い」か「悪い」かを判断してしまいます。

 

この判断をせずに、ただ、観察する。苦しい、辛い、楽しい、そんな沸き上がってくる感情も、ただ観察します。

 

 

瞑想をすることによって感じる3つのメリット

 

実際に瞑想を1年間続けてみて、実際に感じる効果についてまとめていきます。瞑想から得られる効果をより得られる方法については以下の記事にまとめておりますので読んでみて下さい。

 

『瞑想』の効果を最大限にする方法を発見した。

 

1、物事に没頭する力の増強。

 

集中力の向上とも言えるかもしれませんが、私の場合、集中が深くなりました。これまでは色々なところに気が散って中々集中するまでに時間がかかっていたのですが、すぐに集中モードに入り、落ち着いて物事に取り組めるようになりました。

 

特に、日常の動作について、かなり丁寧になっている気がします。

 

手を洗う、髪を乾かす、食器を洗うなど、そういった日常の動作や家事について、いい加減さが抜けた気がします。今自分がやっていることに対して、丁寧に取り組むことができる。そんなイメージです。

 

未来のことに囚われると、現在やっていることへの集中が散漫になります。未来に囚われず、過去に囚われずに、現在に「存在」すること。

 

これが瞑想によって培われている能力かもしれません。

 

2、「めんどくさい」気持ちへの対処。

 

日々めんどくさいことに直面します。そうすると、どうにかしてそれを「避けて」通れないかを考えます。もちろん、避けても問題ないこともありますが、避けてはいけないことを避けると、とんでもない問題に発展しますよね。

 

私は、日々そんな「逃げ」の姿勢で生活することが多かったので、度々問題に直面することがありました。

 

しかし、瞑想を始めてからは、「めんどくさい」と感じながらも行動することができるようになることが増えました。

 

「先延ばしにしたい」と思うことでも、自然と手につけることができたり、期限までにはしっかりと手をつけて終わらせることができるようになります。

 

自分自身の気持ちや考えに対しての対処が上手になるのかもしれません。

 

3、「まあ、いっか」が気にならない。

 

「私はこれをする!」と決めた後に、めんどくさくて行動に移せないことってありますよね。

 

毎朝早起きしてランニングするぞ!と思っても、3日坊主に終わって自己嫌悪になる、なんてパターンを経験している人は私だけではないと思います。

 

不思議なことに、別に途中で辞めても気にならなくなりました。

 

これは2の「めんどくさい」気持ちへの対処と矛盾するようですが、不思議とそうではないんです。

 

自分自身が「まあいっか」と思うことによって、不思議とやるべきことができるようになるんです。この感覚はすごい不思議なんですけど、完璧主義ではなくなることによって何となく継続ができるようになるんです。

 

おそらくですが、瞑想によって「こうあるべきだ」みたいな自分自身の思い込みが弱くなるんだと思います。

 

「続けられないなんてダメなやつだ」とか、

「途中で諦めるなんてダサい」とか、

 

そういったあなたを縛っている観念、思い込みが弱くなるんだと思います。

 

いい意味で「フラット」、「平ら」。

 

別に続かなくてもいいし、続けても良い。そこに良い悪いなんて存在していないもの。

 

こんな感覚ですね。

 

「瞑想」は生活に取り入れるべき?

 

瞑想はやりたくなったらやれば良いと思います。決して無理にやることではないですし、あくまで日常の一動作に過ぎません。

 

むしろ、日常生活に注意・集中を向けることが何よりも大切であると気づきました。

 

日常生活の一つ一つの動作に集中すること、皿洗いや掃除、洗濯、仕事、遊び。今現在自分がやっていることに対してしっかりと意識を向けて上げることで、十分に瞑想をして得ることができるメリットを享受できます。

 

ただ、瞑想することで日々の疲れをリセットしたり、自分自身の心の状態を整えるルーティンとして活用できますので、そういった意味で生活に取り入れても良いかもしれません。

 

私自身は瞑想を生活に取り入れて非常に満足しています。

 

瞑想を取り入れよう!と考えている人は、以下の記事も読むことをオススメします。瞑想の効果を最大限にするコツが書かれているので、参考にして下さい。

 

『瞑想』の効果を最大限にする方法を発見した。

 

最後まで読んでいいただいてありがとうございました!それでは!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です