瞑想やると人生が変わるらしいから1年間朝と晩に瞑想してみた。

 

こんにちは、つくるぶ(hobby___man)です。

 

「瞑想をやると人生が変わるらしい」

 

という言葉をよく聞くようになったのが数年前。

 

スティーブ・ジョブスも瞑想をしていた!ってのも有名な話ですよね。

 

そんな有名な人がやっているんなら、おれもいっちょやってみるか!と思い立ったのが約1年前くらい。

 

毎朝と毎晩に瞑想をしてみました。

 

もちろんできない日もありましたが、そこは長く続ける精神で出来ない日は割り切って、できる日に瞑想を続けました。

 

実施した瞑想の種類は?

 

まず、瞑想にはいくつかの種類があるようです。

 

雑念が頭の中に浮かび上がっても、それを放置して自分の呼吸に意識を集中させる方法がよく知られている瞑想の方法かもしれません。

 

実際に私がやったのは「気功」的な部分もあると思います。

 

 

自分が心地よい瞬間を思い出し、息を吸うタイミングで、その気持ち良い感覚を増幅させていく。また、その気持ち良い感覚が頭の方へ登っていくように意識する。

 

ゆっくり数回呼吸しているうちに、気持ち良い感覚が頭のてっぺんから抜けて、宇宙に向かう。宇宙から綺麗な気をもらって帰ってきて、頭から体の中に戻る。

 

 

こんな感じの瞑想をやりました。半分気功みたいなところもあるかもしれませんね。

 

さて、効果はあったのでしょうか。

 

 

人生を楽しく・快適にするツールとして、非常に効果があると思う。

 

効果はあると思います。具体的な効果に関して、つらつらと述べていこうと思います。

 

心の安定剤として「薬」のような効果がある。

 

まず、生活に秩序をもたらします。

 

毎朝、毎晩「瞑想」を実施することで、心と生活が整っていくことを感じます。

 

何もルーティンがないと、心が不安定な時に立て直すのが非常に難しいです。

 

ここらが不安定になると、生活習慣が乱れ始めます。そうなると、心もまた不安定になりやすく、修正が難しいです。

 

宗教ではないですが、この習慣があるから、絶対自分は大丈夫なんだ。

 

という心の安定剤的な部分が「瞑想」にはあります。

 

人間、潰れる時は心から潰れることが多いですからね。

 

「瞑想」しているから、何か起こっても自分は大丈夫。対処できる。

 

そういった心の支えの部分としての効果は、非常に大きいと感じています。

 

実際に「不安」に対して強くなる、なんて効果もあるようですから、本当に効果はあるんだと思います。

 

私自身も社会人で非常にストレスを感じる日がありますが、そんな時でも楽しいことを考えることができるようになりました。

 

要するに、脳内の考えていることをスイッチできるようになりました。

 

なので、不安で潰れそうだと感じた時でも、楽しいことに集中すれば、ちゃんと元気な楽しい心が戻ってくることを感じています。

 

多分、人間は勝手に「嫌なこと」「不安なこと」を考えるようにプログラミングされていると思います。

 

思考を放置すると、勝手に「嫌なこと」「不安なこと」について考え始めますからね。

 

もちろんそれは生きる上で必要なことだったのでしょうから、しょうがいないですね。

 

ですが、それに任せっきりだと「嫌なこと」「不安なこと」で自分自身が潰れてしまいますので、

 

しっかり「瞑想」という対抗手段で、自分の心をコントロールする術を身につけた方が良いと思いました。

 

目の前のことに集中できるようになる。

 

個人的な問題で、昔からADHD気味でどこでも意識が色んなところに飛んで行ってたんですけど、瞑想するようにしてからは比較的落ち着いてきてると思います。

 

具体的には、やりたいこととかやるべきことを考えすぎて、今やっている作業に集中できなかったりしたんですけど。

 

今では食器を洗ったり、晩御飯作ったり、ご飯食べたり、そういった作業に対してある程度集中して取り組めるようになりました。

 

日常の中で、よく考えてみると「集中」していることって少ないんですよね。

 

掃除中とか、食器洗っている時とか、ご飯食べてる時も。

 

その行為に対して、注意を払ってることって少ないんですよね。

 

掃除中に別のこと考えながら掃除したり、食器洗ってる時もそうですね、

 

ご飯食べてる時も携帯でネットショッピング見ながら食べてみたり。

 

そういった「瞬間」「瞬間」に起こる出来事に対して、意識を集中するというか、

 

ちゃんとそのやっていることについて考えながら作業するようになりました。

 

「ここ、もう少し綺麗にしたいな」とか、

「これ、何から出来てんだろ?」とか、

「この米、うちのじいちゃんの輪郭に似てる」とか、

「この野菜って、どんな人が作ってんだろ」とか。

 

そうすると、「あー、色んな人と繋がって生活してんだな」なんてことに気づくきっかけにもなりました。

 

もちろん作業中に意識がどこかへ飛んでいくこともありますけど、

 

日々の生活の中から楽しみを見出すためには、自分の今やっていることに対しての集中は必ず必要だと思うんですよね。

 

今風に言うと、「今を生きる」みたいな。

 

目の前の作業に没頭する、みたいな。

 

そういう感覚は、「瞑想」から学んだかもしれません。

 

瞑想自体も自分自身の「内側」に集中するわけですから、集中する練習をしているみたいなものかもしれませんね。

 

集中できていると思っても、意外にできてなかったりしますから、自分の頭の中とよく話をしてみてください。

 

結構、作業中に違うこと考えて意識が飛んでいることがありますよ。

 

集中力改善に、「瞑想」は一役買ってくれると思います。

 

目標に対しての行動力を上げるきっかけになった(かも。)

 

これは瞑想の効果かどうか分かりません。

 

あくまで体感ですが、目標に対しての行動力は上がったかな?と感じています。

 

これも意識の集中が改善したからだと思いますが、自分自身の目標を常日頃から意識できるようになったのだと思います。

 

目標に対して意識する回数が上がれば、もちろん行動面でも目標に対してのアプローチは増えていくでしょう。

 

それは当然です。

 

読書する量は昔に比べて減少しました(結婚したり生活が大きく変わった影響もあります)が、DIYで自分の好きなもの作ったり、ピアノ練習してみたり、絵を描いてみたり、スケートボードしたり。

 

そういった行動面では活動できることが増えたように感じています。

 

人間の行動力を減らす原因は「不安感」や「恐怖」です。そういったマイナスの感情が、自分自身の行動力を減らす原因でもあるわけですね。

 

「瞑想」では、そういった感情の処理についても効果を発揮するようですから、そういった「不安感」「恐怖」に対して処理が上手になったから、行動量が上がったように感じているのかもしれません。

 

とはいうものの、ストレスが多い日は何もする気が起きませんけどね(笑)

 

人生完璧とはいきませんが、そういったやる気が起きない日がありながらも、行動力は徐々に上がっていきました。

 

投資に関してもそうですね、「やろう」と思って本をかなりの冊数読んだんですけど、実際に手をつけずに3年間くらい放置していましたが、最近やっと証券口座を開設して投資を始めることができました。

 

こういった小さな生活の変化が、後々大きな変化を生んだりしますからね。

 

「瞑想」で人生が変わるってのは、正直ちょっと大袈裟だな、と思う部分もあったりしたんですが。

 

あながち間違いではないのかもしれないですね。

 

 

必ずやらなくても良いけど、暇ならやるべきかもしれない。

 

気が進まない人は特にやる必要はないと思います。

 

やっぱり自分が「やりたい!」ってことを優先するべきだし、

 

瞑想なんて別にやってもやらなくても法律違反なわけではないんだから、自由に選択するべきだと思います。

 

でも、自分自身が「不安」や「心配事」に対して考えすぎてしまうとか、目の前のことに集中できないとか、

 

そういう悩みを抱えているのであれば、改善する可能性があるからやってみると良いと思います。

 

 

やってみてね、瞑想。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!それでは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です