器用貧乏って実際どうなの?結論:器用貧乏は最強の生存戦略です。

 

 

こんにちは、けちろー(Kechiro1919)です。

 

 

悩む人

・器用貧乏って実際どうなの?
・器用貧乏って結局何もできないよね・・・。
・私、器用貧乏なんだけど、どうしよう・・・。
・この先、器用貧乏のままで良いのだろうか・・・。

 

 

こんな悩みを抱えている人に向けて記事を書いていきます。

 

 

当ブログでは、

 

 

・科学的に正しい情報
・信頼のおける人物が発信している情報

 

 

についてのみ扱うことに努めていますので、安心してご覧ください。

 

 

けちろー

ただし、今回の記事では、『器用貧乏』と言われ続けてきた私の主観も入っている内容になりますので、けちろーの考えや経験も内容に入ってきます。できるだけ自分の発言はわかりやすいようにしますので、よろしくお願いいたします。

 

 

私が器用貧乏と呼ばれていきた理由は以下の通りです。

 

 

けちろーが器用貧乏と呼ばれた理由

・群馬県国体選抜(バスケットボール)
・横浜国立大学卒
・副業でブログをやっている(なお収入は微)

 

全てのことでそこそこで、なんか微妙ですよね。(笑)
どれも優れているものがないんです(笑)

 

 

では、内容にいきましょう!

 

 

結論:『器用貧乏』は最強説

 

 

私個人の結論では、器用貧乏』はいまの時代において最強の才能であり、最強の生存戦略です。
器用貧乏の皆さんは歓喜です(笑)

 

では、その理由について書いていきます。
なぜ『器用貧乏』は最強の生存戦力なのでしょうか?

 

 

器用貧乏が最強の生存戦略である5つの理由

 

 

『器用貧乏』という言葉の意味は、

 

なまじ器用であるために、あちこちに手を出し、どれも中途半端となって大成しないこと。また、器用なために他人から便利がられてこき使われ、自分ではいっこうに大成しないこと。
ー引用:Goo辞書ー

 

 

すごい言われようですね・・・(笑)

 

 

器用貧乏とは、『器用で何事も無難にこなすからあちこちに手を出してしまう結果、どの分野でも1流になれないこと』を指しているということですね。

 

 

しかし今の時代背景(2020年)では、おそらく『色々なことに手を出す人が生き残る』時代に変わってきていることが事実です。

 

 

よって、入り口で上手にこなす『器用貧乏』は、人よりスタートラインや最初の障壁が低くなるため、色々なものに手を出しやすくなるんです。『器用貧乏』は、時代の背景にあったぴったりの戦略と言えるのです。

 

 

1.『器用貧乏』を最強にする時代背景

 

 

器用貧乏が最強である理由として、時代背景が挙げられます。

 

 

・副業の解禁

 

 

終身雇用が崩壊し、多くの大手企業で副業が解禁されています。
話題になったのは、TOYOTAの社長である豊田章男さんの、「終身雇用を守って行くのは難しい局面に入ってきた」という発言でしょう。

 

引用:日経ビジネス「終身雇用難しい」トヨタ社長発言でパンドラの箱開くか

 

 

それに加えて、「副業を解禁」する大企業が非常に増えています。
具体的には、パナソニック、みずほ銀行、リクルート、ソフトバンク、日産自動車、ロート製薬等、
皆さんが聞いたことがある大企業がこぞって副業を解禁しています。
副業のデメリットが大きな問題にならない限り、この流れは徐々に拡大して行くことが予想されます。

 

引用:sideline lab.【2019年版】副業解禁!副業OKな企業一覧(大手企業)今後ますます副業しない理由が見つからない時代に!?

 

 

厚生労働省に関しては、副業・兼業の促進の関するガイドラインも作成しています。
国を挙げて副業に関して容認の態度を取り始めていることがわかると思います。

▶︎▶︎副業・兼業の促進の関するガイドライン

 

 

けちろー

今までは一点特化でよかった自分自身のスキルが、それでは通用しなくなったのです。
色々なことに手を出すことができ、入口からそこそこの結果を出すことができる器用貧乏こそ、『副業解禁』という時代背景にマッチしている生存戦力と言えそうです。

 

 

2.7、8割を人よりも早く達成できる

 

『完璧でなければならない』という思考は、逆に自分自身の行動力を下げたり、精神的に自分を追い込んでしまう原因であるということが分かっています。

 

 

 

マーク・ザッカーバーグの名言でも、
「完璧を目指すより、まず終わらせろ」なんて名言がありますね。(※諸説あります)

 

 

『器用貧乏』は、スタートの時点で他人より頭一つ抜きん出ているので、
早い段階で70点〜80点には到達することができるのです。

 

 

3.『器用貧乏』は自分の才能に出会う可能性が高い

 

 

島田紳助さんのお話で、すごく好きなお話があります。
簡単にまとめると、

 

『私たちはどこに才能があるのかわからないんだから、どの分野に対しても全力で頑張らなければいけない』

 

ということです。

 

 

 

 

 

また北野武さんは、著書『バカ論』のなかで、このように言っていました。

 

 

 

 

『私がお笑いの世界に入ったのはたまたま。偶然である。 』

 

 

けちろー

このお二人のお話を合わせると、『偶然自分の才能がある分野にぶつかるのだから、どの分野に対しても最高の努力をしなければならない』ということになります。
器用貧乏は自分が器用な分色々なものに手を出したり任されたりするので、『偶然』才能を生かせる分野に出会う可能性が高くなります。

 

4.肩書きを増やして唯一無二の存在になれる

 

 

堀江貴文さんや色々な人が、『100人に一人の肩書き』を複数作ることをお勧めしています。

 

 

 

 

器用貧乏は、肩書きを複数作ることに関してスペシャリストです。
先述した通り、人より7、8割に到達するスピードが早く、複数のことを人よりも器用にこなします。

 

 

複数の肩書きを作ることは、非常に簡単なのです。

 

けちろー

現に私は、『国体バスケットボール選手』『横浜国立大学卒』という肩書きがあります。
片方だとかなり微妙な肩書きですが、両方合わさると中々いない人材になってきます。

 

5.友達が増える(交際する人が広がる)

 

 

けちろー

この部分に関しては私の主観になります。データも何もありませんので、ご理解ください。ただし、私の経験になるので、ある程度は参考になるかと思います。

 

 

私自身、スポーツと勉強の両方をやってきた人間ですので、
どちらの分野においても素晴らしい友人に恵まれています。

 

 

勉強が得意な子で医者になる子、弁護士になる子、スポーツが得意でプロを目指している子、現役のプロで活躍している子・・・。

 

 

このように、人間関係が狭くならずに、自分が頑張ってきた分野において素晴らしい友人に恵まれることになります。

 

 

また、勉強が得意な子たちの中で運動嫌いな子もいるので、そういう子たちにスポーツを教えたりすることができますし、その逆(スポーツ得意、勉強苦手)もあります。

 

 

勉強を教える方が圧倒的に多かったですが(笑)

 

 

個人的には、交友関係の広がりは今でも財産になっているので、『器用貧乏』の良いところかなーと思っています。

 

 

まとめ

 

 

今回の内容を簡単にまとめます。

 

 

結論としては、『器用貧乏』はいまの時代(2020年)において最強の生存戦略である。

 

 

理由は、以下の5つです。

 

 

5つの理由

1、副業解禁という時代背景
2、7.8割に届きやすい
3、自分の才能にである確率が高くなる
4、複数の肩書きを作りやすい
5、交友関係が非常に広くなる

 

 

以上がまとめになります。

 

 

 

けちろー

これからの時代は、『色々なものに挑戦』していかないと生き残れません。なので、スタートダッシができる器用貧乏さんには非常に有利な時代になっています。ブログや副業についての情報や、人生を科学的によくする方法 について毎日発信していますので、ぜひフォローしてください!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

全部そこそこ人間▶︎元国体バスケ選手▶︎横国卒▶︎社会人1年目でメンタルブレイク▶︎ブログ始める▶︎人生変わる←イマココ▶︎強みは感謝ができること(VIAより)▶︎目標は会社の縛りから解放されて自然の中で暮らすこと▶︎科学的に人生を変える方法を発信してます。▶︎論文を中心に毎日読書してます。