効率の良いインプットの方法とは? 『インプット大全』著:樺沢紫苑

 

 

 

こんにちは、けちろー(Kechiro1919)です。

 

 

名前

漠然とこんなことに悩んだりしないでしょうか?

 

 

『もっと効率よく勉強できたらなあ・・・』
『もっと学びが活かせたらいいのに・・・』
『大事な時におもいだせないんだよな・・・』

 

 

社会人の人、学生の人、『生涯学び続けて進化すること』が必要になってきている時代なので、
「学びを最大化する」というのは誰にとっても永遠の課題ではないでしょうか。

 

 

私自身もそうです。
学び続ける姿勢はあるのですが、中々効率よくインプットすることって非常に難しい・・・。

 

 

そんな悩みを抱えている人に朗報です!!!

 

 

 

 

名著アウトプット大全を出版したことで有名な樺沢紫苑さんが、『インプット大全』を出版しました!!
アウトプット大全がなぜあそこまで有名になったかというと、まず一つ目は内容の濃さにあります。
圧倒的科学的データに基づいた正確な情報が大量に載っていて、しかも明日から使えるものがたくさん盛り込まれています。

 

そして、樺沢さんがインプット大全でも述べていることですが、
時代がアウトプットというワードに敏感になったと述べています。

 

 

時代の流れを読む嗅覚、さすがです、樺沢様(笑)

 

 

名前

時代の流れに乗っただけではなく、内容に関しても素晴らしかった前作のアウトプット大全。
では、今回のインプット大全はどうでしょうか。

 

 

著者のプロフィール

 

 

 

著者の樺沢さんですが、本業は精神科医です。
お医者さんですね。しかし、闇雲に働いて体調を崩したことがきっかけで、
働き方を大きく変えました。

 

 

現在は、本業の他に、

 

 

・メルマガ毎日更新 14年
・Facebook 毎日更新 9年
・Youtube 6年
・毎日執筆3時間以上 12年
・年2〜3冊の出版 11年連続
・新作セミナー 毎月2回以上 10年連続

 

 

をやっています。「日本一アウトプットする精神科医」とも呼ばれています。

 

 

普通に考えておかしくないですか(笑)
1日がまるで48時間ぐらいあるような行動量ですよね。
そんな圧倒的な行動力を誇る樺沢さんですから、さぞかしインプットにも時間がかかるのでしょう。

 

 

樺沢さんの1日のインプットは、

・読書(隙間時間のみ)20冊〜30冊/月
・スマホ使用時間 30分以下/日
・ネットからの情報収集 15分〜20分/日

 

 

名前

え、こんだけ!?!??!?!?!??!?!?!??!?!?!?

 

 

そうなんです、樺沢さんがすごいのは、そのアウトプットの量であり、
学びを最大限効率化するノウハウ
なんです。

 

 

その樺沢さんが普段から意識してやっているインプット術を、本書では惜しみなく紹介しているのです。

 

 

 

 

口コミや評価はいかに!!

 

個人的に樺沢さんが出している本は読破しているので、
新しい情報というのは少なかったと思います。が、インプットに関してここまでまとめられている良書は少ないのではないでしょうか。

 

私が勉強法について参考にしているDaiGoさんの『超効率勉強法』と並んで、
インプットで悩んでいる人へオススメしたい1冊です。

 

Amazon評価は?

 

 

星4.2です。これはかなりの高評価ですね。

 

 

簡単な内容紹介

 

 

名前

簡単に内容を紹介していきます。個人的に心に残っているものを中心に紹介していこうと思います。

 

 

インプットは、アウトプットが前提で行うこと

 

 

インプットだけだと、記憶に残りません。
記憶には2種類あり、短期記憶と長期記憶が存在しています。
短期記憶から長期記憶に移行すれば、ずっと忘れることのない使える知識として蓄積されます。

 

 

では、記憶を定着させるためにはどうすれば良いのでしょうか。
それは、『思い出す』ことです。

 

 

記憶をより定着させるためには、『思い出す』作業が必要になるのです。
『思い出す』過程を経て、短期記憶から長期記憶への移行が行われます。

 

 

なので、より効率的なインプットを行うためには、アウトプット前提のインプットが必要になるのです。

 

これを樺沢先生はAZ(アウトプット前提)と呼んでいます。

 

 

・読んだ本の感想をSNSにあげる。
・見た映画の感想を日記にまとめてみる。
・今日の学びを日記につける。

 

 

等のアウトプットを前提としたインプットを心がけましょう。

 

 

名前

樺沢先生は、SNSの投稿をオススメしています。本の内容等を、SNSに投稿するのは良いAZになりますね!私もやっています!!

 

 

こんな感じですね!!

 

 

学びは欲張らないこと

 

 

読書や講演を聞く場合、できるだけ多くを吸収してやろう!!!と意気込んで参加したり、読み始めたりしますよね。実はこの方法はNGなんです。

 

 

樺沢先生は、『学びを3つに絞ること』をオススメしています。
すべて学び取ろうとすると、結局全てが中途半端になり、最終的に何を学んだか分からなくなってしまうのです。

 

 

なので、本を読んだり講演を聞く前に、「この本や講演から3つの学びを取ろう!!」と事前に絞ることが大切なのです。

 

 

ちなみに本を読むときは、私も欲張りに全てを学び取ろうとメモを取りながら読んだりしています。
(後々まとめる際にも便利なので。)

 

 

メモを取りながら本を読むことも、一度学んだことをノートにアウトプット(AZ)しているので、
書いたない内容は書かなかった内容に比べて記憶に定着しています。

 

 

 

ブログを書こうと思った時に、ほとんどノートに書いた内容が浮かび上がってくるのがその証拠ですね!!

 

 

ちなみに私の「インプット大全」の3つの学びは、

・アウトプット前提のインプットが学びの効率を上げる
・学びは3つに絞ること
・脳内情報図鑑を構築する

 

の3つです。

 

上二つについてはすでに解説したので、最後は脳内情報図鑑を構築するについて紹介したいと思います。

 

脳内情報図鑑を構築する

 

マンダラチャートというものをご存知でしょうか。
あの有名な大谷翔平さんも目標設定する際に活用したと言われているチャートです。

 

よくまとまっているので、気になる方は参考までにどうぞ!!!!

→【テンプレート付】マンダラチャートとは〜自分の目標を明確にできる目標設定シートの使い方

 

 

 

名前

恥ずかしながら、私が作ったマンダラチャートを公開します。小さくて見にくいですが、ご愛嬌です。

 

 

 

 

 

このマンダラチャートは、『自分が勉強したい知識』を整理する目的で作られています。
毎日目にする目標が書かれたコルクボードのところに貼り付けて、いつもみるようにしています。

 

 

脳は、入ってくる情報を整理しています。
そうしないと、入ってくる情報が多すぎて処理しきれないからです。

 

 

このマンダラチャートを作って頭の中を整理することによって、『自分が取りたい情報』を脳が選んで
処理してくれる
ようになります。

 

 

名前

自分が何を目指しているのかもわかるようになりました。自己分析としても深い考察を得ることができるので、ぜひやってみて下さい!!

 

 

まとめ

 

 

インプットの方法や、もっと効率よく勉強する方法が知りたい方には、間違いなくオススメの1冊です。

 

 

まとめ

効率よくインプットしたい人にとってはかなりのオススメ本。
・AMAZON評価4.2(高評価)
・AZ(アウトプット前提)でインプットする。
・学びは欲張りすぎない。
・脳内情報図鑑を構築する。

 

 

アウトプット大全と読むと、さらに効果があると思うので、
時間がある方は2冊同時に読んでみて下さい!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名前

月に15冊のビジネス書を読んでいます。新書についてのレビューや感想、内容に関してまとめているので
情報を受け取りたい方はフォローをよろしくお願いします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

全部そこそこ人間▶︎元国体バスケ選手▶︎横国卒▶︎社会人1年目でメンタルブレイク▶︎ブログ始める▶︎人生変わる←イマココ▶︎強みは感謝ができること(VIAより)▶︎目標は会社の縛りから解放されて自然の中で暮らすこと▶︎科学的に人生を変える方法を発信してます。▶︎論文を中心に毎日読書してます。