【バスケットボーラー必見】ドリブルがうまくなるために大切な7つのこと

 

こんにちは、けちろー(Kechiro1919)です。

 

今回は、『ドリブルスキルを上げるために大切な7つのこと』についてお話ししていきます。

 

オススメユーザー

・ドリブルスキルを向上させたい人
・これからバスケットボールを始めたい人
・ドリブルに苦手意識がある人
・ハンドリングを向上させたい人

 

上記のような悩みを抱えている人は、是非記事に目を通してみて下さい!

 

私自身は、ほとんど毎日ボールをついてます(笑)
生粋のドリブラーです(笑)

 

 

その中で『ドリブルにはこれが大切や!!』と気づいたことを7つにまとめてみました。
それでは内容にうつりましょう!

 

1、上手な人のプレーをよく観察すること

 

実は、私自身『見る』よりも『やる』方が好きな人間なので、あんまり上手な人のプレーとかを観察することをしてこなかったんですよね。(笑)

 

なので、頭の中に『これが完成形!』みたいなイメージを持たずに練習してしまうことが多いんです。

 

これだと、まず『できているのか』『できていないのか』の判断がつかなくなってしまうので、
youtube等で好きなバスケットボールプレイヤーのドリブルをよく観察して、モデルにすることがすごく大切です。

 

『よく観察する』というのがミソです。
ただ『ぼーっ』と眺めるだけではなくて、ドリブルを開始するときのポジションとか、切り返しの時の膝の使い方とか、体重移動の瞬間とか、そういった部分の事細かに観察して下さい。

 

よく観察することによって、『完成形』が頭の中にセットされます。
そうすることで、『自分のプレーとのギャップ』がわかるようになるので、自分自身で徐々に改善していくことが可能です。

 

 

HOW WE DO!ドリブラーの挑戦状では、多くのめちゃくちゃ上手いボーラーたちがムーブを紹介してくれているので、こういった人たちから盗んでいくのも1つの方法だと思います。

 

 

 

 

2、やりながら学ぶ

 

 

実際にドリブルをうまくするためには、ドリブルをつく意外に方法はありません。
なので、『モデルの選手を観察』しながら、実際にダムダムしてみましょう。

 

ドリブルをついてみる→動画で確認・修正→ドリブルをついてみる→動画で確認・修正・・・

 

この作業をループさせましょう。
そうすれば、徐々に目標に向かっていくことが可能になり、肌感覚でうまくなっている実感が湧いてきます。

 

・目標に向かっている感覚
・自分が成長している感覚

 

個人的には、この二つがすごく大事。
目標がないと方向性が見えずに闇雲に努力することになるので継続がしんどいです。
そして、自分の成長している感覚がないとこれもモチベーションが上がらない。

 

上を二つを満たす方法で練習していくことが大切です。

 

3、手のひらでボールの感覚を感じる

 

つまり集中するってことなんですが、個人的には『手のひらでボールの感覚を感じる』という表現がしっくりします。

 

集中するって表現はよくイメージしにくい抽象的な表現だと思いんですよね。

『集中しろ!』
『いや、どうやって?』みたいな笑

 

だから、手のひらでボールのつぶつぶを感じるように意識します。
そうすると、ドリブル一つ一つに意識が向いて自然と集中することができます。

 

ドリブルミスも少なくなりますし、正しい動く感覚を体で覚えることができます。

 

4、『遊び心』を持って練習する

 

そもそも『バスケットボール』という競技はすごく楽しいものです。
ですが、こと『練習』になるとやりたくなくなったり、モチベーションが下がって継続することが難しくなるんです。

 

なので、『遊び心』を持ちましょう。

 

『こんなムーブあったらディフェンス抜けるんじゃね!?』とか、
『ここでクロスオーバーするとディフェンスがコケるからぁ・・・。』

 

みたいに色々思考で遊びながら練習すると楽しいです。
こけたディフェンスを最後みながらシュートをフィニッシュに持って行ったりしてます(イメージです笑)

 

ゲーム中を想像しながら練習するのもGOODです。
ラスト10秒での自分の1on1!!!!
みたいな場面を想像して、実際にドリブルムーブしてみたり。

 

遊び心を持って練習すると、モチベーションも落ちることなく楽しく練習できます。

 

5、一つ一つの動作を正しく行う

 

ありがちなミスは、ムーブを完成させようとしてそれを構成している技の一つ一つに意識が向かないということです。

 

ドリブルムーブに意識がいってしまうと、一つ一つの技の質が下がりますし、ミスも多くなります。

 

なので、ドリブルムーブを構成している技を分解して、一つずつ正しく行うことが大切です。

 

下の動画がけちろーが先日アップしたドリブル動画ですが、
レッグスルー▶︎バックビハインド▶︎戻しの技構成になっているドリブルムーブです。

 

 

例えばこのドリブルを練習するときに気をつければいけないポイントは、

『一つ一つを正確に正しく行おうとすること』です。

 

レッグスルーをしているときに次のバックチェンジのことを考えてしまうと、ボールハンドリングのミスに繋がってしまいます。

 

皿洗いしてるときに別のこと考えてると皿落としたりして割っちゃう感じ。笑
ちゃんとその作業に集中していれば、そういったミスの可能性は減らすことができますよね。

 

ドリブルも同じで、今やっている動作に集中することがすごく大切なんです。

 

6、強くつく

 

これはよく言われていることだと思うのであまり詳しくは言及しませんが、基本的にドリブルは『強く』『速く』を意識するとGOODです。

 

『強く』『速く』のどちらか教えちゃダメ!と言われるのであれば、私は『強く』つくことを意識した方が良いと思います。

 

『早く』というのは、個人的には『適当に』という意味も含まれているような気がしますし、
強くつくことでボールの跳ね返りスピードが速くなるので、自然と速くなります。

 

 

基本的なマインドセットですね。
ドリブルワークをする際には強くつくことを意識してみて下さい。

 

7、自分のドリブルを動画で撮る

 

これはすごくおすすめ。というか絶対にやった方が良いです。

 

自分のドリブルしてる姿って、自分じゃ見えないんですよ。当たり前だけど(笑)

 

だから客観視するためには、絶対に動画を撮って自分のプレーを確認するべきです。

 

武井壮さんの話ですごい好きな話があるんですけど、
昔野球をしているときに『憧れの選手』の真似をしていたらしいんですが、
父が撮った自分がプレーしている動画を見たら、全くイメージと違っていたそうです。

 

自分は見たままに動かしているつもりでも、実は全然違うってパターンがあるんですよね(笑)
だから、しっかりと動画で自分の動きを客観視して、修正をしていきましょう。

 

練習して、動画撮って、確認して、修正する。
練習しっぱなしはダメです。必ず正しいフィードバックが必要です。

 

これが上達への最短ルートかなーと思います。

 

楽しくハードワークしよぜ!

 

バスケットボールはすごく楽しい競技です。
『シュート』『パス』『ドリブル』どの要素をとっても魅力的な要素が詰め込まれた宝箱みたいなスポーツです!

 

上手くなることも大切ですが、それには『楽しむ』気持ちが絶対に必要です。
まずは楽しむこと。それが上達スピードを速めてくれると思います。

 

まとめ

1、上手な人のプレーをよく観察すること
2、やりながら学ぶ
3、手のひらでボールの感覚を感じる
4、遊びごごろを持つ
5、一つ一つの動作を正しく行う
6、強くつく
7、自分のプレーを動画に撮る

 

けちろー

最後まで読んでいただいてありがとうございました!ドリブルムーブの動画などをあげたり、練習のコツなんかも発信しているのでよかったらフォローして下さい!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です