批判を恐れない!折れないメンタリティの作り方。

 

こんにちは、けちろー(Kechiro1919)です。

 

今回の記事は、

 

悩む人

・他人の目が気になってしょうがない・・・。
・批判されていることに慣れていないから、批判されると萎縮してしまう・・・。
・批判が怖くて新しいことに挑戦できない・・・。

 

こんな人に向けて記事を書いています。

 

実は、私も極度の『批判恐怖症』でした。
怒られないように日々を過ごし、友人との関係も批判されたくないがために断ることができなかっり・・・。

 

 

ということが日常茶飯事でした。

 

 

今では、自分の生活の質を保ちつつ、やりたいことに時間を割くことができる生活にシフトしました。

 

 

また当ブログでは、以下の二点を守るように努力しています。
安心して読み進めていただければと思います。

 

当ブログのポリシー

・科学的に正しい情報を発信する。
・信頼が厚い人物が発信している情報を取り扱う。

 

それでは、内容に進みましょう!!!

 

けちろー

批判を恐れないメンタルを獲得して、自分が満足いく人生を歩んでいきましょう!!!

 

なぜ、批判を恐れてしまうのか

 

人間は社会的な生き物です。
遺伝子に組織で生活するようにプログラミングされていますから、この呪縛からは逃れることができないと考えてよいでしょう。

 

しかし、知っているのと知らないとのでは雲泥の差。
知っていれば、ある程度コントロールすることが可能です。

 

『批判される=組織から抜けさせられる』

 

このように感じてしまうため、批判されない行動を取ることができないようになってしまうのです。

 

批判のメリット

 

 

批判にもメリットが存在します。
それは、『コミュニティを裏切る人物を追い出す』という役割です。

 

集団で生活をしていると、裏切り行為をする人物が出てきます。
集団にとってマイナスの行動をするような人物ですね。

 

このような人物を排除して、安全なコミュニティへとすることができます。

 

なので、批判全てが悪というわけでは無く、『批判』は我々人類が安全に生活できるように獲得してきたツールなのです。

 

なので、批判されている際には、以下の視点を持ちましょう。

 

けちろー

この人の『批判』は、集団のメリットを本気で考えているものなのか、それとも『個人的』な意見なのか。

 

『批判を恐れない=好き勝手にやる』ではありませんよね。
一定のルールは守ることが非常に大切です。

 

なので、自分自身の行動が集団にとって『マイナス』にしかならないのであれば、考えたほうが良いです。

例えば、『タバコのポイ捨てをする』『誰かの金銭を盗む』『必要以上のネガティブキャンペーンなど』

 

その行動は、『批判されるべくして批判されている』ので、自ら直して行った方が後々自分を守ることにもなります。

 

批判の種類をしっかりと見極めましょう。

 

個人的な批判は完全に無視してOK

 

 

けちろー

この人の『批判』は、集団のメリットを本気で考えているものなのか、それとも『個人的』な意見なのか。

 

この判断ができるようになると、『個人的』な意見の批判が分かるようになります。

 

人間は同じようなことをすることに安心感を覚え、違うことをする人間に対しては違和感を覚えます。
それが自分より優位性があるものだったりすると、『嫉妬』という感情を混ぜながら批判してきます。

 

『あいつのこういうところが嫌い』
『なんでこんなことするの?現実みよーぜ』

 

自分がやっていることを批判されたりすると、『ムカッと』しますよね。
しかし、個人的な批判なのであれば、『完全無視』でOKです。

 

それであなたの行動を止める必要はありません。

 

『自分の人生は自分でしか責任は取れません。』

 

その人のアドバイスを聞いて仮に失敗した場合、
必ず後悔が残ります。そんな人生、嫌ですよね。(笑)

 

あなたの人生ですから、あなたが好きなようにやりたいことに挑戦しましょう。
ブログでもよし、Youtubeでもよし、なんでも良しです。

 

悩む人

そうは言っても、中々批判を恐れないで行動するのは難しいよ・・・。何か具体的な方法はないかな?

 

私が実際に取り入れた科学的に効果がある方法を紹介するので、日常に取り入れてみて下さい!

 

批判に強い心を作るための4つの方法

 

けちろー

私が生活に取り入れて、効果を感じている『批判に強くなる』方法です。
科学的に効果が認められている方法ですので、是非生活に取り入れてみてください!!

 

 

1、瞑想(客観的な認知)

 

瞑想は非常に効果を感じている方法です。
時間がないときでも、5分間は時間をとって瞑想するようにしています。

 

瞑想はやればやるほど効果が上がって行くものですので、
最初はリラックス効果のみが得られますが、徐々に

 

・認知力の向上
・集中力の向上

 

等の効果が得られることが分かっています。

 

けちろー

その中で、客観的に自分を捉えることができる練習になります。

 

瞑想は、『自分が考えていること』を外側からぼーっと眺めるイメージです。
なので、自分の思考に対して何も判断ぜず、『こう考えているんだなー』で終了します。

 

そうすると、日常生活においても、自分の思考や感情を客観的に捉えることができるようになります。

 

 

『この人の批判は正しいのかな?』
『今批判されているな・・・。その中で、自分に役立ちそうなものは何かな?』

 

 

すごく冷静に対処できるようになります。
日頃から客観的に自分を認知する練習が、このような脳みそを作ってくれるので、
その練習法である『瞑想』は是非生活に取り入れて欲しいです。

 

 

2、自分の価値観を知る

 

 

けちろー

他人の批判を食らうと、『自分がブレる感覚』があると思います。これが自身喪失に繋がり、行動する意欲すらなくしてしまう原因です。

 

なので、あらかじめ自分の価値観を設定しておくことが非常に大切です。
人生の地図になるような自分の価値観を知らない人って、結構多いんですよね。

 

なので、この機会に自分の価値観について考えて行きましょう。

 

詳しくは、以下の記事にまとめてあるので興味がある人は是非みて下さい。
『価値評価スケール』という科学的に効果が認めらている価値観の設定方法です。

 

▶︎▶︎【人生充実完全ガイド】人生充実させるための『価値観の設定』方法を公開します。

 

 

 

3、批判されたら〇〇するというパターンを作っておく(IF THEN)

 

 

けちろー

あらかじめ『批判された時は〇〇する!!!』という対処法をまとめておくとGOODです。
IF THENプランニングといって、目標達成率を約300%もあげてくれるという科学的に効果がある最強のツールです。

 

私の場合、『批判されたら、一旦冷静になって、自分自身に取り入れた方がいいものがあるか考える』

 

このようにあらかじめ決めています。
批判された時は冷静になることが難しいですが、『瞑想』の効果でそれほど難しくなくなってきました。

 

冷静になって、『取り入れた方がよい部分』を探すことによって、相手にも『教えてくれてありがとう!!』という感情さえ芽生えます(笑)

 

 

4、運動して頭をスッキリさせる

 

運動の効果は素晴らしいものがありますよね。
特に朝の運動は1日のモチベーションをあげてくれるので是非とも取り入れて欲しいところ。

 

私も毎朝バスケやってから仕事に行っています(笑)

 

運動をすると、気持ちを前向きにしてくれるホルモンが出ることが分かっていますので、
批判されて元気がない時は少しハード目に運動すると良いでしょう。

 

運動で出るホルモンに関しては、以下にまとめてありますので是非参考にして下さい!!!

 

▶︎▶︎筋トレを1年間続けてきた私が、メリットと続け方のコツを語ります。

 

 

まとめ

 

 

それでは、今回の記事の内容をまとめて行きます。

 

まとめ

・人間は『批判』するようにできている
・『受け入れるべき批判』も存在する
・個人的な批判は全力で無視してOK
・批判に強い心を作る具体的な4つの方法
1,瞑想(客観的な認知)
2,自分の価値観を知る
3,批判されたら〇〇というパターンを作っておく
4,運動して頭をスッキリさせる

 

何か参考にあるところはあったでしょうか。
参考になる部分があればすごく嬉しいです!!

 

批判は確かに気持ちいいものではないですが、批判されるようになっているということは、
あなたが注目されているということ。

決して落ち込まず、行動を続けて下さいね!!!!

 

けちろー

科学的に生活の質を上げる方法について紹介しています。よろしければフォローをよろしくお願いします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

全部そこそこ人間▶︎元国体バスケ選手▶︎横国卒▶︎社会人1年目でメンタルブレイク▶︎ブログ始める▶︎人生変わる←イマココ▶︎強みは感謝ができること(VIAより)▶︎目標は会社の縛りから解放されて自然の中で暮らすこと▶︎科学的に人生を変える方法を発信してます。▶︎論文を中心に毎日読書してます。