早起きすることができない私が早起きできるようになった習慣

 

こんにちは、けちろー(Kechiro1919)です。

 

今回は、早起きすることができなかった私が早起きすることができるようになった習慣をお話ししていきたいと思います。

 

 

けちろー

ダーウィンの進化論と最新の医療科学をミックスしたダーウィニアンメディスンという考え方を取り入れた実践からわかったことなので、皆さんが人間であれば非常に有効な方法であると思います。

 

 

なお、引用している文献は鈴木祐さんの『最高の体調』です。
かなりの良書なので、健康に関して興味がある方は是非ご一読を。

 

 

 

『早起き』というものは、朝早く起きるという意味ですよね。
しかし、私は早起きがしたくていろいろな方法を実践したわけではないんです。

 

 

早起きしたい人

え、それはどういうこと?結果として早起きできるようになったってこと?

 

 

私は、生活習慣を健康なものにするために色々な習慣を変えた結果、早起きすることができるようになりました。

 

 

朝自然と目がさめるようになり、二度寝することなくすんなりと起きることができるようになりました。
タイトルにもありますが、私は朝が死ぬほど苦手な人間だったので、今『全く朝起きることができない』という人にとっても使えるノウハウになっているかなーと思いますので、参考にして下さい。

1、夜にスマートフォンやPC等の電子機器をいじらない

 

 

昔の人間の生活を考えると、「電気」というものは存在していませんでした。
明かりの代用となるものは炎くらいでしょうか。

 

私たち人間は、急速に進化した結果非常に豊かな生活を送ることができるようになりましたが、遺伝子がその進化スピードについてこれてないのが現状です。

 

なので、『電気』は私たちの遺伝子にとっては、『まだ昼である』と誤解を与えることになるのです。

 

 

けちろー

ちなみに私は、携帯をいじる時間は1日30分以内程度にしました。自宅にいるときはほとんど携帯をいじりません。大好きなyoutubeも封印しました(笑)

 

 

ブログを書くのも午前中の時間のみ。
夜にパソコンは一切開かず、静かに読書をして過ごしています。

 

 

2、自然にできるだけ多く触れる

 

 

自然に触れることの効果は、たくさんの研究から減りとおがあることが分かっています。
認知機能の向上、集中力向上、抑うつ作用、リラックス効果等。

 

しかし、仕事のしているビジネスパーソンや主婦の方は中々自然に触れることが難しいですよね。かなり忙しいですから。

 

 

早起きしたい人

無理無理!!!自然の中に行く時間なんてないよ!!!!!

 

 

なので、私は自然音+自然の動画を生活に取り入れました。

 

けちろー

本当の自然でなくても、動画や画像でも効果があることが認められています。毎日自然の音を聞いたり、動画を見る時間を確保してください。

 

 

私は、仕事が終わって家に帰ってから、部屋を暗くして川のせせらぎの音を聞きながら瞑想しています。

 

 

早起きしたい人

youtubeとかはダメなの?すごく癒されている気がするんだけど・・・。

 

 

私の仕事終わりにyoutubeをダラダラ見てしまうことがほとんどだったのですが、
人間の脳は動画と現実を区別することができません。

 

 

なのでyoutubeで癒されているつもりでも、脳は活発に働いているので、結果として脳が休んでいない状態になってしまいます。

 

 

けちろー

夜の時間は、体と心と脳が休めるような環境を作ってください。

 

 

3、食生活をナッツ+野菜中心に変えた

 

 

早起きに関係しているかどうかわかりませんが、同時に実践したことですので書かせていただきます。

 

 

食事は基本的に気にせず食べていたのですが、できる限り狩猟民族時代と同じような食生活を送るようにしました。

 

 

『最高の体調』では、パレオダイエットとして紹介されており、かなりの効果が認められています。

 

 

けちろー

食生活を変えて、『絶対にお腹が空いてしまう』とか、『もっとこってりしたものが食べたくなる』とか考えていたのですが、全く逆でした。
空腹感は減り、日中の活動力が上がり、疲労を感じにくくなりました。

 

 

朝食は、

 

・ミックスナッツ(素焼き)
・バナナ
・サラダ
・グラノーラ
・プロテイン

 

ここら辺を中心に摂取しています。
人間は1日800gの野菜を摂るべきらしいので、スロージューサーを購入予定です。

 

4、朝日を10分〜20分浴びる

 

 

朝日をしっかり浴びるようにしました。
朝ごはんのナッツを持ってベランダに出たり、本を持って読書したり、パソコンを持って行ってブログを書いたりしています。

 

 

陽の光には、体内時計を元に戻す効果があります。
人間の体内時計は25時間と言われていますので、陽の光を十分に浴びないと1時間ずつずれてしまい、結果として夜更かしの原因になってしまいます。

 

 

けちろー
朝はガッツリと太陽の光を浴びて、体内時計を正常に戻しましょう。
そうすれば、スムーズに入眠することができます。

 

カーテンを開けて眠る

 

 

睡眠をコントロールしているホルモンはメラトニンですが、皆さんを起こしてくれるホルモンはセロトニンです。

 

セロトニンは陽の光によって生成されるので、できるだけカーテンを開けて陽の光が入る状態で寝ったほうが良いでしょう。

 

寝ている間も陽の光が入ればセロトニンは生成されますので、すっきりとした目覚めにつなげることが可能です。

 

 

まとめ『大切なのは朝と夜の過ごし方』

 

今でこそ自然に起きれるようになりましたが、正直『早起きは精神力』だと思っていました(笑)

 

しかしダーウィニアンメディスンの実践を通して、精神力で早起きすることはほとんど不可能であるということが分かりました。

 

私がつけている毎日の振り返り日記で、『明日は早起きしたい』という振り返りが半年以上続きました(笑)気持ちだけでは早起きは絶対にできません。科学的に正しい実践が必要になってきます。

 

私が感じたことは、『夜と朝の過ごし方』がすごく大切であるということです。
それで、早起きできるかどうかが決まってきます。
正しくは、自分に合った生活習慣に戻すだと思いますけどね!

 

無理のない範囲で実践して、爽快な朝を迎えられるようにしましょう!!!

 

 

引用文献:

 

 

けちろー

月15冊の本を読み、自身の実践を通して皆さんが生活を向上できそうなものを紹介しています。
是非フォローお願いします!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

全部そこそこ人間▶︎元国体バスケ選手▶︎横国卒▶︎社会人1年目でメンタルブレイク▶︎ブログ始める▶︎人生変わる←イマココ▶︎強みは感謝ができること(VIAより)▶︎目標は会社の縛りから解放されて自然の中で暮らすこと▶︎科学的に人生を変える方法を発信してます。▶︎論文を中心に毎日読書してます。