こんにちは、けちろー(Kechiro1919)です。

 

今回は、学生の時に私自身も悩んだ文武両道について話をしていきたいと思います。

 

けちろー
文武両道ができるか心配・・・」「ぶっちゃけ文武両道はどうなの?」なんていう文武両道に関して悩んでいる人の助けになればいいなーと思っています。

 

まずは私自身の経歴を紹介させていただきます。

 

けちろーの経歴

・高校3年次に国体選抜に選ばれ、県を背負って猛者どもと戦う
・横浜国立大学現役合格

 

学生時代の経歴はこんな感じです。
部活動×勉強という学生のオーソドックスな文武両道で
学生時代は生活を送っていました。

 

結論から申し上げると、
文武両道は十分に可能です。

 

ただ、かなり難しいですし、
どちらかに絞った方が明らかに結果が出しやすいです。

 

これは間違いないと思っています。
私自身も部活も勉強も全力で頑張ってきましたが、
正直、どちらも結果が出ているかという観点でみると微妙ですよね(笑)

私自身は非常に満足していますが、
人によっては、「うーーん」思ってしまうかもしれません。

 

ただ、私自身のレベルであれば十分に達成可能なので、
このレベルを目指したいという方は、この後の私の話を参考にしていただければと思います。

 

 

文武両道を上手くやるためのコツって何??

 

 

けちろー
私が当時大切にしていたことをお話していこうと思いますので、参考にしてください!

 

ルーティンを作って生活する

 

 

1日の流れが非常に大切です。

 

自分の1日を分析すると、
毎日同じようなルーティンで活動していることに気がつくと思います。

 

 

毎日が新鮮で違うことをしている!!!!なんて人は中々いませんよね。

 

なので、まずは1日を理想的なルーティンで構築することが重要になってきます。
参考になるかどうか分かりませんが、私の学生時代のルーティンを公開したいと思います。

 

けちろー学生時代の流れ
・5時半起床
・6時〜8時まで宿題&自主学習
・8時半登校(チャリでダッシュ。いつもギリギリ)
・16時授業終了
・16時半部活開始
・19時まで全体練習
・21時までシューティング&自主練
・21時半帰宅
・22時半就寝

 

こんな感じのルーティンでやっていました。
極限まで勉強と部活で埋まっているスケジュールになります。

 

生活リズムも完璧に朝方だったため、
他のみんなとは生活リズムが合わなかったです。

 

なので、当時せっかくできた彼女にも、

彼女
私と勉強と部活、どっちが大切なの????

 

とぶちギレられて振られたことがあります(笑)
それ以降は彼女もできずだったので、勉強と部活に集中していくことになるのですが(笑)

 

そんなことは置いといて。

 

大切なことは、周囲に流されず自分のリズムで生活を作り上げていくということです。

 

大切なのは、自分で自分の生活をデザインしているという感覚です。

 

やっていることが同じでも、やらされているのと自らやるのとでは、
ストレスや吸収スピードが明らかに違います。

 

自分の内発的動機に基づいて最高の効率でやっていくために、
自らが理想のルーティンを作り上げていくことが大切です。

 

 

 

授業中は、最低限やりながら内職(先生ごめんなさい)

 

 

ある程度、先生を見て判断していく必要があります。
この先生の授業は「受けるに値する!!!」であったり、この先生は微妙・・・

 

推薦や指定校を狙っている場合は、授業態度も加味されるためしっかりと受けることが得策になりますが、試験を受ける場合は学校の成績は無関係ですので、上手くやる必要が出てくるのです。

 

「この先生の授業は微妙だな!」とか、「声を聞いているだけで眠くなってくる!」という先生が授業の担当の場合は、「自分の勉強」に時間を使いましょう。

 

先ほども話をしましたが、「人にやらされる」のと、「自分から進んで勉強する」のでは、吸収力に天と地ほどの差が生まれます。

 

自ら課題を決めて取り組むと、すごく集中することができますよ。

 

参考書を堂々と広げて・・・というのは中々気がひけると思いますので、暗記系よりも数学等のノートだけでいけるものの方がバレにくいです。

 

モチベーションを維持する方法

 

部活動の方に話を転換しましょう。

 

部活動で一番難しいのは、モチベーションの維持です。

 

モチベーション維持をするためには、ある程度高い目標が必要です。

 

なので、今の練習をすれば、どれだけ目標に近づくことができるのかを常に頭においておくと時間が無駄にならずに済みます。

 

私は、目標を常に持ち歩いていました。
当時はガラケーだったので、ガラケーのトップ画を
目標を書いた紙の写真にしていました。

 

練習後疲れている時でも、
その写真を見れば、「きちーけど頑張るか!」と
自分のお尻を叩く材料になりますよ!

 

大切なのは、「今」どれだけ頑張るかというメンタリティ

 

目標を設定していざ実行するということになると、
「また後でいっか」というようにやることを先延ばしにする現象が出てきます。

 

まずは、「今どれだけ頑張るか」が非常に重要ということを心の隅で良いので置いておきましょう。

 

結局私たちは「今」しか生きられないので、
未来の自分に期待したり過去を悔やんだりするのは
あまりいいことではないと思っています。

 

もちろん、未来を予想して逆算して「今やるべきこと」を割り出していくことが
非常に重要ですが、未来の自分に期待して未来の自分にお任せ!!!!ではいけません。

 

なぜなら、未来の自分もいざやるべき時になっても、「後でいっか」となってしまうからです。

 

「思い立ったら吉日」という言葉がありますが、まさにその通りです。
思い立った時に行動する癖をつけておきましょう。

 

頑張ったら自分にご褒美を定期的に

 

モチベーションの維持する方法に関連しますが、
どうしてもモチベーションが上がらないが存在します。

これはもうしょうがないです。
何日もやる気が続かない日もありました(笑)

 

そういう時は、定期的に自分にご褒美を買ってあげるという手段が有効です。

 

本当に小さなものでも効果的です。
「この参考書が10ページ終わったら、自分にジュースを買ってあげよう。」くらいのレベルで十分です。

 

私は半年のご褒美として、自分に『バスケットボールシューズ』をプレゼントしていました。
そうすると練習もモチベーションを保ちながら参加することが可能になります。

 

 

自分で責任を負う覚悟を持つ。部活引退後はほぼ不登校だった

 

国体が終了した後、
私はほとんど学校に行かなくなりました(笑)

 

学校の課題と自分の課題が一致していないと感じたからです。
なので、学校の開始時刻に図書館に行き、ひたすら一人で勉強していました

 

学校の先生には、
「学校に来なくなって志望校に受かった奴はいない」と怒られましたが、
最終的には自分の選択が正しい結果になりました。

 

なので、他人がどう言おうと、
自分のやり方を貫いて目標を達成することが大切だと思っています。

 

そうしなければ、「自分で責任を負う覚悟」ができません。
全て他人のせいにしてしまいます。

 

もちろんしっかりと考えた上で選択する必要が出てきますし、
学校の勉強が必要と感じるならば、学校に行くことがベストの選択になります。

 

大切なのは、『自分の頭でしっかり考えて戦略を練ること』です。

 

まとめ

 

けちろー
参考になる部分はあったでしょうか??これから頑張ろうと思っている人は、ぜひ頑張ってください!質問があればいつでも答えるので、是非ツイッターの方で質問してください!

 

では、簡単に内容をまとめていきます。

 

まとめ
・理想のルーティンを構築する
・授業がためにならない場合は内職した方が良い(自論)
・定期的に自分にご褒美をあげるとやる気がアップする。
・今どれだけ頑張るかが大切。未来や過去はあまり気にしない。
・自分の頭で考えて戦略を練る。

 

皆さんの文武両道に少しでも貢献できればいいと思っています。
頑張って下さい!!!!

 

では、またどこかで!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

全部そこそこ人間▶︎元国体バスケ選手▶︎横国卒▶︎社会人1年目でメンタルブレイク▶︎ブログ始める▶︎人生変わる←イマココ▶︎強みは感謝ができること(VIAより)▶︎目標は会社の縛りから解放されて自然の中で暮らすこと▶︎科学的に人生を変える方法を発信してます。▶︎論文を中心に毎日読書してます。