【営業職必読】営業力・セールス力をあげるために読むべき本7選

 

こんにちは、読書ブロガーのけちろー(Kechiro1919)です。

 

毎月15冊の読書から、皆さんにオススメの一冊を提供しています。
是非フォローしてチェックしてください!

 

今日は、『営業力・セールス力をあげるために読むべき本7選』を紹介していきます。

 

私自身営業職ではないのですが、なかの良い友人(シェアハウスしている友人)が営業職です。
26歳にして全国No.1に輝くほどの実績の持ち主で、同世代の中ではずば抜けてお給料をもらっています。

 

来年あたり、マネージャーへの昇格が決まっているらしいです。
すごいやつだ、本当に・・・笑

 

そんな友人がオススメしている本を紹介していきます。
私自身もすでに読了済みで、どれもオススメできる本です。

 

読み終えた後に、自分自身がなぜ売れないのか、結果が出ないのかがすごくよく分かります。
そして、現実の自分の修正点に気がつき、修正することでトップセールスマンへの一歩を踏み出すことでしょう。

 

それでは、紹介に移ります。

 

営業力・セールス力をあげるために読むべき本7選

 

 

営業力をあげるためには、どのような能力が必要なのでしょうか。
特別な話術?誠実さ?相手を操る心理学?

 

きっと色々な要因が絡み合って成果につながっていると思うんですよね。
なので、様々な角度からアプローチする必要があります。

 

人生をよりよくすることが書かれているもの、成果をあげるために必要なものが書かれているもの、心理学・マーケティングテクニックが書かれているもの、網羅的に紹介していきます。

 

どれも良書ですので、お時間あるときに手にとってみて下さい。

 

1、7つの習慣

 

King of 自己啓発本。
これ以外は読む必要がないんじゃないかくらいの網羅性です。
自己啓発本のほとんどはこの内容から派生している気がします。

 

もし、何から読んでいいか分からない!という人は、間違いなくこの本から入るべきです。
営業職のみならず、人生において大切なことが書かれています。

 

間違いなく必読書。

 

しかし、本が分厚く、挫折してしまう人がいるかもしれないので、漫画版から入ることも考えて下さい。
漫画=悪いということはありません。大切なことは、必要なエッセンスを学び取ることです。

 

 

2、私はどうして販売外交に成功したか

 

 

友人オススメの一冊。
営業職に必要な事柄が全て載っています。
この本に書いてあることを実践することができれば、間違いなく結果を残すことができるでしょう。

 

あの有名なデール・カーネギーさんも大絶賛の本です。

 

『本書一冊を手に取るためには、シカゴからニューヨークまででも喜んで歩いていくつもりだ』

 

なんて言っちゃうほどです笑

 

私は東京から神奈川くらいなら歩きますかね・・・(笑)

 

それくらい濃いエッセンスが本の中にギュッと入っています。
そんなカルピスの原液のような本書を是非読んでみて下さい。

 

読んだその時から、あなたのトップセールスへの道がブワっと広がります。

 

 

3、プロフェッショナルの条件

 

 

本書は、『成果を出す方法』について書かれています。
営業職の人であれば、良い人柄というだけでは結果を出すことができません。

 

ピータードラッカーは、『成果を出すことは1つの能力である』と本書で述べています。

一生懸命やっているけど、成果が出ない。結果がついてこない。

 

という人は、『成果を出すための能力』を磨く必要性があります。

 

成果が出ない人は、是非本書を一読下さい。
自分が成果が出ない理由が分かり、修正することができるはずです。
成果がでる自分に生まれ変わり、会社の中でも貴重な人材として重要視されること間違いなしです。

 

4、やり抜く人の9つの習慣

 

・やり抜く人の9つの習慣


やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

 

 

多くの人が『目標設定』を行いますが、99パーセントの人は達成することができません。
なんでだと思いますか?

 

それは、途中で諦めてしまうからです。
誰でも分かりきっていることなのに、みんな諦めてしまいます。

 

目標設定したら必ず達成できる能力が身につくひみつ道具があったら欲しいですよね?
本書はまさにそれに近い本です。

 

DaiGoさんの動画でも紹介されていました。
年末年始に読むべき2冊のうちの1冊です。

 

 

 

目標設定についてここまで分かりやすく、しかも読みやすく書いてある本は見たことないです。
年間200冊本を読む私でも出会ったことがないです。

 

目標を達成する力を身に付けたいのであれば、間違いなく読んだ方が良い1冊。

 

・やり抜く人の9つの習慣


やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

 

 

5、影響力の武器

 

 

こちらの本は、私たちが普段無意識のうちに操られている心理的な影響力について書かれている本です。
営業職の場合人を動かさなければいけませんから、こう言った影響力についてはよく知っておかなければなりません。

 

・人に好かれるのはどうすればいいのか
・商談を成立させるためにはどうしたらいいのか

 

すごくよく書かれています。
営業職に限らず、万人にオススメしたい本です。
おそらくトップで活躍されている方はほとんど読んだことがあるんじゃないかな。

 

それくらい必読書。

 

 

 

6、シュガーマンのマーケティング30の法則

 

 

 

これほどマーケティングについて体系的にまとめられている本は知らないです。
30項目に分けてくれているので、本当にわかりやすい構成です。

 

内容もどれも実践で使えそうなものばかり。
もちろん読んですぐ実践は難しいですが、何周も読んで骨の髄までノウハウを浸透させたくなるような本です。

 

 

ザ ・コーチ

 

 

小説のように物語が展開されています。
主人公が営業の仕事をしているため、営業職の方は主人公と自分の姿を重ねてしまうことでしょう。
とある老人との出会いが、主人公の人生を好転させていくストーリーです。

 

扱われている題材が、まさしく僕たちが悩みそうなこと。(合わない上司がいるとかね。)
それに対しての対処法をバチっと教えてくれます。

 

そして、最後は本当に感動する。泣きました。
感情と論理で心にガツンとくる一冊。
モチベーションが下がり気味な人は是非手にとって欲しい1冊です。

 

物を売るセールスこそ、仕事の原点である

 

このような語り口が非常に多いですし、私個人としても賛成です。
ものやサービスを売って初めて、みんなの生活を豊かにすることができるのです。

 

商品が存在するだけではダメです。
その商品を売ってこそ、みんなが幸せになるのです。

 

是非これまでに挙げた7冊を読んでいただいて、『幸せを届ける』役割を皆さんには全うしていただきたく思います。

 

営業こそ、仕事の原点です。
是非、自分の牙を磨き続け、トップセールスマンとしてご活躍下さい。
紹介した本が、その牙を研ぐお手伝いができれば最高です。

 

けちろー

最後まで読んでいただいてありがとうございました。当ブログでは、皆さんの悩みを解決する1冊をご紹介しています。是非フォローして情報を受け取って下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です