コミュニケーションが苦手な人必見!!コミュニケーションを阻害する6つの行動とは?

 

こんにちは、けちろー(Kechiro1919)です。

 

今回は、『コミュニケーションを阻害する6つの行動』について書いていきたいと思います。

 

悩む人

・コミュニケーションに苦手意識がある人
・部下や上司とうまくいかない人
・後輩に上手く指導ができない人

 

こんな人は目を通してみて下さい。
実は、無意識のうちにNG行動をとっているかもしれません。

 

 

引用本:わかりやすいスポーツ心理学

 

 

コミュニケーションを阻害する6つの行動とは?

 

 

コミュニケーションをとる際にやってはいけない行動を6つ集めました。
それぞれ順に説明していくので、自分の行動と照らし合わせてみてください。
自分のコミュニケーションを改善する鍵が見つかるかもしれません!!

 

 

コミュニケーションを阻害する6つの行動

1、マインドリーディング
2、フィルタリング
3、アドバイスすること
4、アイデンティファイング
5、ビーイングライト
6、リハーシング

 

 

 

1、マインドリーディング

 

けちろー

マインドリーディングとは、『相手の心を読む』ということです。
「あなたはこう考えているんだよね。」と勝手に思考して先読みすることを指しています。

 

コミュニケーションにおいて、『共感』は非常に大切です。
こんな気持ちなんだろうな。と自分ごとに置き換えて話を聞くことはすごく大切ですが、
相手の考えを先読みして勝手に解釈してしまうことは危険です。

 

後輩や部下の話を遮って、

 

『つまり、こういうことやろ。だったら・・・』

 

こんな話の切り返しはしていませんか???

 

悩む人

(いや、全然違うんだけど・・・)あ、はい。そういうところもあるかもしれませんね・・・。

 

こうなってしまうと、「話を聞いてくれない人」と定義されてしまうので、中々心を開いてもらうことが難しくなります。

 

まずは、相手の言うことに全力で耳を傾けること。
そして、『〇〇って言うことでOK???』と言うように、わからない部分は質問によって解消していきましょう。

 

 

2、フィルタリング

 

けちろー

フィルタリングとは、『同時にいくつもの考えをしている』と言うことです。

 

GOODなリスニングは『パワーリスニング』と言われているもので、
相手の言っていることに100%の集中力を注ぐような聞き方がGOODだとされています。

 

話を聞いているときに、

 

けちろー

今日の晩飯どうしよかな・・・。あ!あの仕事終わってなかった・・・。
あ、で。話はなんだっけ?

 

こうなってないですか?

 

こうなると双方にとってメリットが薄くなってしまいますよね。
なので、忙しくて話を聞くことが難しい時は、

 

『わり!今忙しいから15分後でもいい?』

 

としっかりと断ってから、代替案を用意しましょう。

 

そうすれば相手にも良い印象を与えることができます。

 

パワーリスニングできる環境を整えて、100%話の内容に集中しましょう。

 

 

3、アドバイスすること

 

 

けちろー

これが一番やりがちです(笑)話している間に相談になって、アドバイスしたりしていませんか?

 

基本的に、人は話を聞いて欲しいと思っています。
なので、『アドバイス』は求めていない場合が多いです。

 

もちろん、『どう思っているか意見を聞かせてください!!』と言われれば
思っていることを素直に答えることが正解になります。

 

ただ、何も求めていないのに、

 

「それは〇〇するべき」
「もっとこうしなきゃダメだよ」

 

とアドバイスしてしまうと、

 

悩む人

あ、はい・・・。分かりました。(求めてないんやけどなあ・・・)

 

となってしまいます。

 

それで、『アドバイス通りにやってないじゃん!』とか言われたら
部下や後輩にとっては「何もわかってくれない」最悪な上司になりますので気をつけましょう。

 

アドバイスしたくなる気持ちは分かりますが、そこはグッと抑えて

 

仏マインドで「うん。そうやな。わかるで。」と聞いてあげましょう。

 

 

 

4、アイデンティファイング

 

けちろー

アイデンティファイングは、『自分の経験にすり替えて話をしてしまうこと』です。

 

『私の時はね・・・。』
『それわかるー!私もさー・・・。』
『俺もそんな経験したわー、あん時はなー・・・。』

 

こんな切り返しで、自分の話にすり替えていませんか?(笑)

 

悩む人

あ、そうなんだ・・・。すごいね!!(また自分の話か・・・)

 

こうなっているかもしれません。

 

GOODなコミュニケーションは、『話す:聴く=3:7』だ!
なんて言っている人もいるくらいですから、聴く時間はしっかりと相手の話を聞くことを意識しましょう。

 

5、ビーイングライト

 

 

けちろー

ビーイングライトは、『間違いを認めない姿勢』のことを言います。

 

人間なので間違いはありますし、年齢関係なく間違えます。
これはしょうがないことですが、自分が間違っているのにも関わらず間違いを認めないのは完全アウトです。

 

間違えた時は、素直に間違いを認めて謝ることが大切です。

 

そういった姿勢に器の大きさを感じ、信頼を寄せて行きます。
間違えたら年下だろうがムカつく人だろうがしっかりと謝る。この姿勢を大切にして下さい。

 

6、リハーシング

 

 

けちろー

リハーシングとは、『議論に勝とうとする姿勢』のことです。

 

話しているうちに議論が白熱し、議論に勝とうとした結果相手の人間性まで否定してしまう・・・。
こんな経験ないでしょうか?

 

あくまで議論はより良くなるための手段や、考えを深める手段に過ぎません
議論に勝っても相手には『やられた』感しか残らず、その後問題に発展することもあります。

 

先ほどのビーイングライトとかぶりますが、『相手の意見が正しい』と思ったら、
自分の意見を変えることも大切です。

 

どれだけ相手が間違っていると思っても、相手の話をしっかり聞いてあげましょう。
議論に勝っても、自分の自己顕示欲が満たされるだけで何の得もありません。

 

 

まとめ

 

以上がコミュニケーションする際にやってはいけない行動の6つでした。
当てはまる部分がありましたら、日常のコミュニケーションの中で意識してみて下さい!!!!

 

コミュニケーションを阻害する6つの行動

1、マインドリーディング
2、フィルタリング
3、アドバイスすること
4、アイデンティファイング
5、ビーイングライト
6、リハーシング

 

参考になる部分があったら嬉しいです。
人間は社会的な生き物なので、GOODな人間関係は幸福度をあげます。
ぜひトライしましょう!!!

 

けちろー

皆さんに役立ちそうな日常の質をあげる方法について毎日更新しているので、是非チェックして下さいね!

それでは!Have a Good day!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

全部そこそこ人間▶︎元国体バスケ選手▶︎横国卒▶︎社会人1年目でメンタルブレイク▶︎ブログ始める▶︎人生変わる←イマココ▶︎強みは感謝ができること(VIAより)▶︎目標は会社の縛りから解放されて自然の中で暮らすこと▶︎科学的に人生を変える方法を発信してます。▶︎論文を中心に毎日読書してます。