【あなたは大丈夫?】知らない間に影響を受けて操られてしまっているかもしれません。

 

こんにちは、けちろー(Kechiro1919)です。

 

今回は『影響力の武器』から、もしかしたらあなたが知らない間に影響を受けて操られてしまっている可能性と、日常の生活で自らスキルを活用して人をコントロールしたり、動かすための方法について考えていきましょう。

 

 

・影響力の武器

本書では、皆さんが普段知らない間に影響を受けている心理的な事象について細かく書いてあります。

本書を読めば、『実際に騙されること』や『影響を受けること』が少なくなり、また営業等のビジネスパーソンは営業でモノを販売したり、上司に要求を通したりする際のスキルがアップします。

 

こんな人にオススメ

・騙されるのは嫌だ!自分で行動を選択できるようになりたい!
・営業で売れなくて困っている・・・。どうすればいいんだ・・・。
・中々お願いしたりすることが苦手で、断られることが多い・・・。どうすればいいのだろうか・・・。

上記のような悩みを持っている方にとってはうってつけの本です。
是非手にとって読んでみることをオススメします。

 

 

では、実際に皆さんが操られてしまっている心理的な事象って、どんなものがあるんでしょう。
今回は、本書に載っている一部をピックアップしてご紹介しますね!

 

影響力の武器:返報性の原理

 

 

これはいたるところで利用されている心理テクニックです。
返報性の原理とは、『何かしてもらうと、お返しをしなければならない』という感情を指しています。

 

・何かを奢ってもらう
・プレゼントをしてもらう
・ちょっとした親切をしてもらう

 

こういったことをされると、『何かお返しをしなきゃな』とか、『申し訳ないな』という気持ちになりますよね。

 

その感情は、人間として当たり前の感情ですし、その感情を持っていない人は『裏切り者』『恩知らず』などと言われて、コミュニティから排除されてしまいますよね。

 

なので、この『何かしてもらった時に湧き上がってくる感情』は人間であれば誰しもが持っている感情なのです。

 

 

利用される場面と対策

 

 

利用される場面としては、『試食』や『無料の試供品』が挙げられます。
試食したからには、少量でも買わなければ・・・と思って、必要がないのに購入してしまった経験があるのではないでしょうか。

 

これは非常にわかりやすい例です。
しかし、返報性の原理が怖いのはここからです。

 

 

・譲歩されるとお返しとして『Yes』といってしまう

 

 

次の場面を想像してみてください。

 



 

あなたが急に誰かに告白されたとしましょう。
『あなたのことがずっと気になってて、、、よかったらお付き合いしてくれませんか?』
イケメン&美女だったら即OKしてしまいそうですが、ルックスは普通の人です。
なので、急に付き合うのは怖いですよね。

 

もちろん、あなたは『気持ちは嬉しいけど、今すぐには無理だよ・・・。』と相手を気遣いながらも断るはず。

 

そして、相手がこう言います。『そっか・・・。分かった・・・。じゃあ、連絡先を交換してくれないかな?』

 

一度断ったことにバツの悪さを覚えているあなたは、『それくらいならいいか』と考え、快くOKをします。

 



 

まあ、普通によくある場面ですよね。
ですが、ここに色々な心理的な交渉術が盛り込まれています。
めっちゃ怖いっすね(笑)

 

まず、一度断らせるというところ。
断ることが気持ちいい人はまずいませんから、少しだけ相手に申し訳ない気持ちになりますよね。
ここですでに、返報性の原理の術中にハマっています。

 

そして、次に相手が出してくる要求は、『連絡先を交換しよう!』です。
ここには、『コントラスト』という心理テクニックが利用されています。

 

先の要求との格差が離れていると、実際に離れている以上に離れていると感じてしまうのです。
今回の場合だと、『連絡先くらい、交換してもいっか。』というように、連絡先の交換へのハードルをめっちゃ下げています。

 

仮に、急に『連絡先を交換してください!』とお願いされた場合は、『すみません、仲良くなってからで・・・』
というような選択肢が残ってしまうんですね。

 

なので、一度断らせて『返報性の原理』を発動させてから、『コントラスト』でハードルを下げるんです。

 

『連絡先教えてください!』→NG→『じゃあ、インスタかツイッター教えて下さい!』

 

これでもハードルは下がります。
ナンパに使えそうですね・・・(笑)

 

どうですか。
『確かに!』と思ってしまう人もいたのではないでしょうか。
皆さんの無意識化でこんな心理テクニックを利用しながら皆さんをコントロールしている輩がいるかもしれませんよ。
おっかねーですね・・・。

 

・対策は?どうすればいいの?

 

何も受け取らないようにすればいいんじゃない?と考える人もいるかもしれませんが、本当に純粋になんの見返りもなくあなたに親切にしてくれる人も間違いなくいます。

 

なので、そういった人たちの気持ちを踏みにじる形になる可能性があるので、全く何も受け取らないという選択肢は現実的になしですね。

 

そうなりとやはり、『正しい知識を身につけて応戦する』ことがベストの選択肢になりそうです。

 

脳にはシステム1とシステム2という機能があって、システム1は瞬間で判断を下す脳、システム2は論理的思考でじっくり考えて結論を出してくれる脳です。

 

▶︎詳しくは『ファストアンドスロー』まで。
※名著中の名著です。

 

 

 

 

 

システム1は概ね正しい判断を下しますが、上記のような判断のエラーが起こるときがあるんです。
これを感知して、システム2でカバーすることが最高の戦略となります。

 

まず、知識がないとシステム1が危険を察知してくれないので、しっかりとした知識を定着させる必要があります。

 

そういった人間の行動心理に詳しいのが、先ほどあげた『ファストアンドスロー』と今回ご紹介している『影響力の武器』になります。

 

まずは、正しい知識を身につける。そして騙されるかもしれない危険を察知できるようにすることが、騙されずに損をしない選択肢を選択する唯一のベストの対応策になります。

 

まとめー活用するも良し、騙されないために身につけるも良しー

 

営業等で売り込む人にとっては、営業の売り上げを何倍もアップさせるような力が眠っているように感じました。
もちろん、『いや、こんなん使わねーから』と思っている人も、このような心理テクニックを使って皆さんのことを騙そうとしてくる人が一定数いることをお忘れなく。

 

しっかりとした行動心理学を身につけるためにオススメの本は、『ファストアンドスロー』『影響力の武器』です。

 

 

 

 

営業等で活用したい方に追加でオススメしたいのは、以下の一冊。

 

 

スキルを30個にまとめて一つずつ解説してくれているので、すごくスッキリしていて読みやすいし、
例が載っているからイメージしやすいです。

 

シュガーマンは営業界のレジェンドです。めちゃすげー人です(笑)

 

実際に心理学のスキルを活用したい人であれば、わかりやすい『シュガーマンのマーケティング30の法則』から入ることをオススメします。その後、知識の補強のために上にあげた二冊を読んでみると、スッと頭に入りますよ!

 

ちなみに、影響力の武器で解説されている他のスキルには、以下のものがあります。

 

・コミットメント(一慣性の法則)
・社会証明の原理
・好意
・希少性
・権威

 

おそらくここに書いてあるものを完璧に実践できれば、だいたい思い通りになるような気がします。(笑)
もちろん100パーセントではありませんが!

 

是非このような『人を動かす』ような心理テクニックを学びたい方は、本書を手にとってみてください。

 

 

 

 

けちろー

最後まで読んでいただいてありがとうございました!月15冊の読書から、皆さんにオススメの本や悩みを解決するような本を紹介しています。時間がなくて頑張っている人に有益な情報を短い時間で届けられるようにしていますので、自担としてご利用下さい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です