AGEが老化の原因です。AGEの基本知識と老化を防ぐ方法について

 

 

こんにちは、ふぁむ(Famlog19)です。

 

今回は、老化物質AGEについての基本知識と老化を防ぐ方法について書いていきます。

 

引用文献は、以下の本です。牧田さんの「医者が教える食事術」と「医者が教える食事術2」です。

 

 

老けたくないというのは我々の共通の願いですよね。できれば老けたくない。とにかく老けるのを防ぎたい。こんな願望を持っている人は記事に目を通してみてください。

 

AGEが老化の原因です。

 

AGEとは、「Advanced Glycation EndProducts=終末糖化産物」の略称です。
近年、こいつが老化の原因じゃね?と注目を浴びている物質ですね。

 

つまり、「私たちが老化を防ぎ若々しさを保つためには、このAGEをいかに生活から排除していくか」が鍵になってきます。

 

AGEは、「タンパク質や脂質がブドウ糖と結合してできる」わけなんですが、私たちの身体はほとんどが「たんぱく質」と「脂質」で構成されています。

 

なので、この「たんぱく質」と「脂質」でできている私たちの身体にブドウ糖を摂取しまくるという行為が、いかに我々の老化を促進させてしまっているかがわかると思います。

 

たんぱく質や脂質を変性させてシミやしわの原因になる

 

AGEはたんぱく質や脂質を変性させます。そのせいで、肌のコラーゲンが変性してシワやシミの原因になります。
そして、血管のたんぱく質を変性させて固く切れやすくしてしまうわけですね。いわゆる動脈硬化です。

 

体内の炎症においても「AGE」が原因であると言われています。(あらゆる病気は体内の炎症から始まるので、万病の元です。)

 

ここまでお話を聞いていただいた方は良くお分かりだと思います。AGEは「いいところがない」です。

難しい話は置いといて、皆さんは「AGEはめっちゃ嫌な奴だから関わらん方が良い」と認識しておけばOKです。

 

悩む人
なるほど、私たちを老化させる悪いヤツなんだね。でも、どうやって「AGE」を減らせばいいの?

 

では、具体的なAGEを減らすための方法についてみていきましょう。

 

AGEを減らして老化を防ぐ具体的な方法

 

大きく分けると、4つのアプローチ方法に分類できます。

 

  1. 高血糖にならないように生活する
  2. AGEが多い食べ物を避ける
  3. 紫外線を避ける
  4. タバコをやめる

 

まとめるのであれば、「タバコは吸わずに、日焼け止めを塗りながら、AGEを多く含む食事を減らしながら高血糖にならないように食事をする」ということになります。

 

これだと具体的な方法が分かりにくいので、一つ一つにフォーカスを当てて具体的な方法について解説していきます。

 

高血糖についてのアプローチ方法

 

高血糖にならないようにするためには、「糖質を取りすぎない」食事がポイントになります。
糖質制限というワードがすごく流行っていますよね。勘違いして欲しくないのは、「糖質制限」は万人に当てはまらないということです。

 

自分の年齢、体型に適したアプローチ方法を取る必要があります。
不満気味の人は制限する必要がありますが、痩せすぎの人は糖質制限しないでくださいね!

 

この記事では、みんなが取れる対策についてお話ししていきます。
さて、高血圧を防ぐために以下のことに注意してみてください!

 

  • 炭水化物を食べ過ぎない(夜は減らす)
  • 玄米や全粒パンに変更する
  • ゆっくりと食事をする
  • リラックスタイムを持つ

 

炭水化物を食べすぎない

 

炭水化物には多くの糖質が含まれています。
なので、肥満気味な人は炭水化物を抑えてください。「朝4:昼5:夜1」を基準にすると良いでしょう。逆に痩せすぎの人は炭水化物を積極的にとって下さい。先ほども申し上げましたが、まずは標準体重に戻すことが先決です。

 

現在健康上に特に問題がない人は、白米やパンを「玄米や全粒パン」に変更するだけでOKです。
健康上問題がない人は、食事のバランスを整えておく方が良いでしょう。
白米やパンを「玄米や全粒パン」に変更して摂取できる栄養を増やしつつ、おかずをたくさん食べる方向にシフトしていきましょう。

 

※後述しますが、揚げ物はNGです。熱を加えるとAGEが増加することが分かっているので、できるだけ食材は生で食べるようにしましょう。フライドポテト、最悪です(笑)

 

 

ゆっくりと食事をする

 

ゆっくりとした食事は血糖値の上昇を抑えます。
逆に、早食いはドカンと血糖値を上げてしまいます。

 

忙しいビジネスパーソンは特に気をつけて食事をしてみて下さい。
おそらく、「忙しいから速攻で食べるぜ!!!!」こんな感じで某牛丼チェーン店で早食いをしているのではないでしょうか(笑)

いつも20分食事にかけているのであれば、30分かけるようにしましょう。
10分程度なら伸ばせるはずです。ぜひ食事にもっと時間を取るようにして下さい。

 

よく噛んで、一口一口を味を楽しみながら食事をして下さい。

 

リラックスタイムを持つ(ストレス管理)

 

緊張やストレスも高血圧の原因になります。
必ずリラックスタイムを持つようにして下さい。

 

ビジネスパーソンは本当にストレスが多いです。
私たちの体は慢性的なストレスに耐えるように作られていませんので、できるだけストレスはその日のうちに消化することがGOODです。

 

私がオススメしているのは、「就寝前のリラックスタイム」です。
入浴後、少しの時間でいいのでリラックスする時間を持ちましょう。睡眠の質を高めて、血圧をぐっと下げてくれますよ!

 

 

AGEが多い食事を把握して避けるようにしよう

 

AGEを避けるためには、原因である「糖質」を制限することが一つと、もう一つは「AGEを多く含む食品を避ける」というアプローチを取ることができます。

 

全てのAGE含有量を把握するのは難しいと思うので、ざっくりとした基準を紹介します。
AGEが多い食品は、

 

  • 高温で調理したもの
  • ファストフード

 

ここら辺は避けた方が無難です。
特に、「フライドポテト」「ポテトチップス」「フランクフルト」等はAGEがとにかく多いので避けた方が良いでしょう。フランクフルトに関しては調理法によるので一概には言えませんが、わからないのであれば避けた方が良いと言えそうです。

 

詳しいAGEの値については、以下のサイトが詳しいので参考にして下さい。

 

AGE測定推進協会

 

なので、「食品はできるだけ生で食べる」ということを意識して下さい。基本的に熱を加えるとAGEは増加してしまいます。揚げ物などは美味しいですが、できるだけお刺身などの熱を通さないで食べる方が良いです。

 

アンチエイジングに効く食事は?

 

悩む人
逆にAGEを減らしてくれる食品ってあるんですかー?

 

AGEを減らすような調理法、及びアンチエイジングに役立つ食品が存在しているので、AGEが多い食品の摂取を減らしながらこれから紹介する食品や調理法で食事を行うとGOODです。

 

  • マリネ(酢漬け)にする
  • 揚げるよりは茹でる
  • 抗酸化作用の高い食品の摂取

 

マリネ(酢漬け) にするとAGEが半減することがわかっているので、マリネはオススメの調理法と言えるでしょう。
熱を通すにしても、できるだけAGEを上げない調理法を選択しましょう。「揚げる」はBADな選択肢ですが、「茹でる」はBetterな選択肢です。

 

抗酸化作用の高い食事は、我々の老化の進行を緩やかにしてくれます。積極的に日常の食事に取り入れるべきです。

 

以下の記事にまとめてありますので、ぜひ参考にして下さい。

 

アンチエイジング効果がある食材を8個紹介します【科学的根拠あり】

20/01/29(水)

 

紫外線についてのアプローチ方法

 

紫外線についても、我々の体内のAGEを増加させることが分かっています。
29歳の女性を調べたところ、光を浴びない腹部のAGEの量は1.34%だったのに対して、光を浴びた眉間は29.7%でした。22倍の差です

 

女性は普段からスキンケアをしているので大丈夫だと思いますが、気をつけて欲しいのは男性諸君です。若々しさを保ちたいのであれば、必ず日焼け止めを塗りましょう。

 

以下の記事に正しいスキンケアの方法についてまとめてありますので、参考にして下さい。

 

正しいメンズのスキンケア方法とは?【アメリカ皮膚科学会AADが認めた方法】

19/11/19(火)

 

タバコは吸わない

 

もはや言わずもがなですよね(笑)
喫煙後の体内には徐々にAGEが増加していくことが分かっているので、タバコは吸わない方が良いです。
AGEどうこうもそうですが、絶対に吸わない方がいいですよね(笑)

 

AGEによる老化を防ぐ!AGEをいかに生活から排除するかがポイント!

 

 

「AGEをいかに排除するか」が、私たちを若々しく保つための大切なポイントになっていることが分かっていただけたと思います。

 

上に書いたように、「タバコは吸わずに、日焼け止めを塗りながら、AGEを多く含む食事を減らしながら高血糖にならないように食事をする」ことを意識してみてください。

 

もっと詳しく知りたい方は、以下の牧田さんの本がオススメです。
分かりやすくまとめてくれています。最高の教科書です。

 

主な引用本

 

 

 

アンチエイジングの情報を入手しましたら、また報告させていただきます。
いつまでも若々しくいられるように頑張りましょうね!ではでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です