【5分で内容が分かる!】GACKTの勝ち方。レビューや口コミも大公開。

 

こんにちは、けちろー(Kechiro1919)です。

けちろー
今回は、世界的に有名なGACKTさんの本が出版されたとのことだったので、早速読ませていただきました!!!!

 

 

あまりテレビで見ることがないGACKTさんなので、
本が出版されると聞いたときはすごく驚きましたね。

 

ではでは、早速内容について触れていきたいと思います。

 

本書の構成や内容、またはamazonなどのレビューも紹介していきたいと思っていますので、

 

こんな人にオススメ

・買う気は無いけどさらっと内容だけ確認したい人
・内容をチラ見してから購入をしたい人
・高いレビューかどうか確認してから購入したい人

 

こんな人は記事に目を通してみて下さいねっ!!

 

三章で構成された、GACKTワールド満載な構成

 

章立ては、こんな感じで構成されています。

 

・第1章 人生をマネタイズ
・第2章 GACKTの勝ち方
・第3章 メンタルリセット

 

すごいシンプルな構成ですね。
だからこそ伝わってくることも非常にシンプルで、しかも強烈でした。
シンプルで強烈。なので、心を打たれることは間違いないです。

 

一ページ目から、デカデカと『成功したい』の文字が(笑)

成功したい!!!とか、人よりもいい生活がしたい!!!とかいう欲求は、
あまりいいイメージを持たれないと思いますが、GACKTさんは「そんな欲求あって当たり前でしょ?」みたいな感じで言ってくれている気がしますね!!!GACKTさん、さすがっす。

 

では。第1章から簡単にまとめて行きましょう。

 

第1章:人生をマネタイズ まとめ

 

まず、音楽家、そして実業家として活動しているGACKTさんですが、
よくこんな事を言われるそうです。

『音楽家なんだから、音楽だけやっていればいいじゃないか』

そんな質問をされたら、こう答えるそうです。

『音楽だけやってたら、とっくに死んでるよ。』

 

もし音楽だけやっていたら、自分の好きなステージを作ることができなくなるし、
収入はなければ、収支を度外視した無茶なステージやこだわり抜いた演出を続けることができない。

 

と言っているところから、音楽のためにいろいろな事をやってお金を稼いでるような感じがします。

 

ファンができないことをGACKTがやる。ファンにとって希望となる。

 

ここまでかっこよさを極めていると、
『自分のことしか考えてないんじゃないの?』
なんて考える人が出てくるかもしれません。

 

が、全くの逆です。

 

GACKTさんは、心からファンを大切にしています。

 

僕が一度決めたことを絶対に怠らず諦めずに実現して見せ続けるのは、そんなファンのためだ。そうすれば、『ほら、できただろ?』というメッセージを届けることができる。(一部抜粋)

 

GACKTたる所以であって、なぜこの人がここまでの地位を築くことができたのか
よくわかったような気がします。

 

自分が頑張ることによって、ファンの子たちの希望となり、
自分でもできるかもしれないという勇気を与えるメンターになること。

 

自分のためじゃないというところが、GACKTさんをここまでストイックにさせているような気がしますね。

 

金銭感覚がおかしくなった人生の底も大公開

 

19歳で水商売をしていた過去を語り、そこから金銭感覚がおかしくなったという
あまり他人には知られたくないであろう過去も公開しています。

まとまったお金がATMから下ろせなくなった時、頭に中に二つの選択肢が浮かんだそうです。

 

・音楽をやりながら水商売をする
・会社に就職して働く

 

音楽をやりたいから上京してきたため、二つ目の選択肢は速攻消えたらしいです。
普通の人なら二つ目を選択してしまいそうですが・・・さすがですね(笑)

 

その後、まずは『サポーターを作ろう』と思考し、
行動に移っていくGACKTさん。

 

そこでもすごく大変な思いをしたようですが・・・。

 

これ以上書いてしまうと本を買った人に怒られそうなのでやめときますが、
その後の思考の仕方も流石ですね。気になる人は是非買って読んでみて下さい。

 

あまり知られていない!実業家としてのGACKTの顔とは。

 

『GACKTってなんかやってるよね?』というような感じで
なんとなくわかっている人達は多いですよね。

 

ただ、実際に何をやっているかは全然知らないですよね。

 

この本を読むまでは自分もそんな中の一人でした。

 

一番はじめに始めたビジネスは、「不動産」だったようです。
競売に出ている物件を安く買い、高く売る。というシンプルな方法だったようです。

 

賃貸も始めたり、そこから徐々にビジネスの手を広げて言ったようです。

 

日本国内では狭苦しさや古い体制や考え方に引っかかることが増えて行き、
日本のものを海外に輸出することも始めたそうです。

 

実業家として活動していく中で、人間関係についてこのようなことを言っています。

 

常に意識しろ。何者でもない、オマエという【個】を相手に感じさせろ。

 

好きなことをやっているGACKTさんからはすごく意外なことだのように感じました。
「何者でもない者になれ」ではなく、「相手に個を感じさせること」にピントが合っているからです。

 

あくまで主語は相手なんですね。
人間関係の構築についてはすごく重要視している方ということが分かりました。
コラボ商品を作るときは、「まず社長と仲良くなり、面白いと思ってもらうことが大切。」
とも言っています。

 

 

 

第二章:GACKTの勝ち方 まとめ

 

「GACKTになりたい!!!!」そう思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

そんな人達に、GACKTはこう言っています。

GACKTやるって、まじ大変だけど。覚悟ある?

 

相当ここまで努力を重ねてきたんでしょうね(笑)
この章を読めば、この言葉が全然軽い言葉じゃないということがわかると思います。

この人の覚悟、本当にすごいです。

しかし、『そのくらい覚悟があれば、成功できる。』と言ってくれているとも考えられます。

私は背中を押されました。

 

それほんと?GACKTの異常なまでの執念

 

10代の頃の喧嘩の話が書かれたいますが、もう正気ではないです(笑)
複数人と喧嘩をしたことがあるGACKTさん、もちろん人数的に勝ち目はなく、
その喧嘩でボロボロに負けてしまいます。

ここからがすごいです。

死にそうになりながらも何とか病院のベッドでどうやって復讐するかずっと考えていたようです(笑)
復活した後、まずは喧嘩した一人一人の家を回ってとにかくボコボコにしたらしいです。
もう絶対にやり返す気が起きないくらいに。

最後にリーダーの家に行き、彼の家の前で考えたそうです。

『どうすれば彼が二度と僕と関わりたくなくなるか』

もう思考がやばいですよね。
しかし、これが当時のGACKTなりの覚悟だったと語っています。
『GACKTと関わったらやばい。いくとこまで行くぞ。』

そう思わせることを大切にしているようです。

 

勝負に必要なもの、それは覚悟。覚悟が無いものが多すぎる。

 

このように語っているので、GACKTの中で『覚悟』は成功するために非常に大切にしている考え方です。

 

19歳で出会った、メンターの言葉

 

GACKTは19歳のとき、排他的でネガティブの塊だったと語っています。
そんな時に、GACKTの人生を大きく変えてくれたメンターに出会ったそうです。

そんなメンターからもらった言葉がこちらです。

 

知 覚 動 考

 

心技体のような、一つ一つに意味がある言葉のように見えますが、実は違います。

「知覚動考」で、「とも・かく・うご・こう」と読むらしいです。

『ともかく動こう』です。とんちが効いていて面白いですね。
「行動することこそが成功への一番の近道。」この人生哲学を今でも大切にしているのが、
GACKTさんの行動力からも伝わってきますね・・・。

 

 

第3章 メンタルリセット まとめ

 

この章の最初のページで、GACKTはこう語っています。

僕は如何なることでも悩まないと決めている。【悩む】という行為は停滞、もしくは後退の状況。その状況からは1秒も早く抜け出さなければならない。

 

GACKT哲学は半端ないですね・・・。

 

世間が考えるようなメンタルリセットは、上手くいかなかった理由を何かのせいにして、「ドンマイ。気にするな。」と傷を舐め合う行為だ。

自分の努力不足や判断ミスで生じた望まない結果に対しては、どんまいもクソもない。ダサいにもほどがある。

 

こう語った後に、さらに続きます。

 

【ベストの選択と努力】がなされていることが大前提。
その上で、【起こってしまった不測の事態は気にしない】というのが僕のメンタルリセットだ。

 

なるほどなるほど。
思わず首を縦に振ってしまうような正論な気がしてしまいますね・・・。

 

人生成功の方程式

 

人生とは、今この一瞬の発想力・想像力・創造力の積み重ねである。

 

人間の行動はルーティンで形成されています。
人生をルーティンの集合体として捉え、仮に人の一生を80年とした場合。
80年は、(1年)×(80回)のルーティンと言えます。
さらに、1年は(1日)×(365回)のルーティンとなり、
1日は(1時間)×(24回)、
1時間は(1分)×(60回)、
1分は(1秒)×(60回)のルーティンです。

つまり、今この瞬間に「あー、だるいな。あー、めんどくさいな。」と思う人は、
この発想・思考の積み重ねで人生が構築されていくことになります。

 

GACKTさんは、これを【人生の方程式】と呼んでいます。

 

 

 

 

口コミは?amazonやtwitterより抜粋。

 

まずはamazonから見ていきましょう。(R1.08.13時点)

 

かなり高評価を得ているようですね!確かに私も内容に関しては買ってよかったなと思いました!

 

 

 

twitterでも高評価のコメントが目立っていました!!!!

 

是非、お金に余裕がある人は読んで見る価値がありそうです。
GACKTワールド満載なので、「よっしゃ!俺だって!」というような前向きな姿勢にさせてくれるような内容です。

 

 一読の価値がある本

 

・本を読みたいけど、中々読みたい本が見つからない・・・。
・読書が苦手だから、文字が多すぎても読む気にならない・・・。

 

なんて人は、是非手に取って見てください。
あまり読むスピードが早くない私でも1時間ー2時間で読むことができました。
それなのに読み終わった後の感動と、行動しよう!と思わせてくれるパワーがあります。
費用対効果抜群ですので、是非ご一読下さい!!!!

 

 

けちろー
読書が趣味で、毎月10冊〜20冊程度の本を読んでいます。
人生が10倍楽しくなるような思考法等、人生が豊かになる情報を提供しているので、
是非フォローして下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

全部そこそこ人間▶︎元国体バスケ選手▶︎横国卒▶︎社会人1年目でメンタルブレイク▶︎ブログ始める▶︎人生変わる←イマココ▶︎強みは感謝ができること(VIAより)▶︎目標は会社の縛りから解放されて自然の中で暮らすこと▶︎科学的に人生を変える方法を発信してます。▶︎論文を中心に毎日読書してます。