2倍速で新しいスキルを獲得する方法8つ紹介します。

こんにちは、けちろー(Kechiro1919)です。

今回は、2倍速でスキルを習得する方法を紹介します。
そもそも、そんなことが可能なのでしょうか?

けちろー
結論から言うと、可能だと言われています。

 

では、どのようにして2倍速でスキルを獲得していくことができるのでしょうか?

それは、『ワーキングメモリを増やす』ことによって可能になります。

 

ワーキングメモリとは?

 

ワーキングメモリは、脳の短期記憶のことを指しています。
このワーキングメモリを増やすことによって、短期的に覚えておける情報を多くすることができます。

このワーキングメモリを鍛えることによって、『脳の中の机』を広くすることが可能になるんです。

 

皆さんは、何かの作業をするときに机の上で行うことが多いですよね。
単純な作業なら狭い机の上でもできるかもしれませんが、複雑な作業だとどうでしょうか。
狭い机だと、窮屈ではないですか?

脳内でも全く同じです。
つまり、ワーキングメモリを増やすことが、脳の作業スペースを増やすことにつながります。
広いスペースで、悠々と作業を行うことができるようになっていくんですね。

ワーキングメモリを鍛える方法を8つ紹介します

 

では、どうやってワーキングメモリを鍛えることができるのでしょうか。
まずは、初めに全体像だけさらっとお話したいと思います。

ワーキングメモリを鍛える根幹をなすものがあります。
それは、『DNB(デュアルエヌバック)テスト』と言われているものです。

これが根幹にありますので、これ抜きで考えるのは厳しいです。
なので、「DNBとさらに効率よくワークングメモリを増やす方法7つ」と考えた方が
しっくりくるかもしれません。下の図のような感じですね。

 

1、デュアルエヌバックテスト

 

どのようなテストであるのか、と言う概要に関しては今回はあまり関係がないので飛ばします。
簡単に言えば、「複数のことを暗記しておきましょう」みたいなテストとでも言いましょうか。

実は、この『ワーキングメモリを唯一向上させるテスト』として存在しているDNBですが、
すでにDaiGoさんがこのアプリゲームを作ってくれています。
DaiGoさんは、『筋トレの休憩時間にDNBを実施する』と言う習慣を作っているそうです。

➡︎【完全無料】DaiGoが作ったアプリゲーム 

iTunesでの評価も4を超える高評価ですので、みんなが良いアプリと評価していると言うことですね。
私もダウンロードして、暇があればやっています。

2、ベアフットラン

 

ベアフットランは、「裸足で走る」と言うことです。
これがワーキングメモリの向上に良いと言う研究結果があります。

ただ、裸足で外を歩き回ると言うのは、あまり現実的ではないですよね(笑)
そこで推奨しているのは、『ビブラムファイブフィンガーズ』です。

 

 

DaiGoに影響を受けて、買いました(笑)
DaiGoはこれを履いて散歩を習慣にしているそうです。

後述しますが、私は早歩きや日光浴もワーキングメモリ向上に効果があると言われていますので、
これを履いて毎朝早歩きで散歩を習慣にしています。

この『ビブラムファイブフィンガーズ』ですが、持ち運びにもかなり便利ですので、旅行先のサンダルとしても活用できます。本当にぺちゃんこになるんで(笑)

アウトドアのアスレチックに行く時なんかも便利です。
靴底がしっかりしているので、なんの問題なく遊べますね。
楽しいし、ワーキングメモリが増える。いいところしかないのでオススメです。

 

3、木登り

 

ワーキングメモリの拡大に、「木登りが効果的である」と言われています。

根拠としては、

木登り人
次はどこに足をかけようかな

 

こう考えることで、ワーキングメモリが増えると言われています。

 

正直、急に町の木の上り始めたら変態でしかないので、現実味がある話をすると、
『ボルダリング』になるんですかね。(笑)

一時期すごいブームでしたが、あれ、クソほど難しいですよ(笑)
頭も使うし筋力も使うし。
あれを習慣にしたら筋力と脳力が格段にアップするんでしょうね・・(笑)

 

カッペルで一緒にアスレチックに行っても良いかもしれませんね。
話は逸れますが、『二人で同じ経験を多くしたカップルは別れる可能性が低い』と言うことが判明しました。なので、二人でアスレチックやボルダリングをやって親密度を高めることは、別れる確率をグンと減らすことに繋がります。

あまりまだ知られてないようですが、下記のサイトは二人で経験できるイベントを探すのにちょー便利です。

➡︎➡︎➡︎日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」

 

私は彼女とデートするときは、必ず『体験』を絡めていきます。別れたくないし大好きですので。
戦力的に攻めてます(笑)

 

二人でベアフットランを履いて、アスレチックにも行きました。

➡︎➡︎➡︎アスレチックを検索!

だいぶ話逸れたので、戻ります。

 

4、早歩きの散歩

 

『早歩きの散歩を20分間続けることによって、脳の成長因子が分泌される』
との実験結果が出ました。

なので、脳に良いと言われていることは、ワーキングメモリの拡大に繋がるということですね。
なので、私は毎朝20分間早歩きをしています。

 

5、強い光を浴びる(ブルーライト、日光)

 

普段悪者扱いされるブルーライトですが、ワーキングメモリを向上させることに関しては一躍かっているそうです。やるやん、ブルーライト。

ここまでの話をまとめるならば、ワーキングメモリを向上させる習慣としては、

 

 

この習慣が最強ですね。
ちなみに私は、毎朝この習慣を取り入れています。朝に行う理由は、日光浴は睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌をストップして、起床ホルモンであるセラトニンの分泌を促進してくれるからです。

 

6、ペパーミントティを飲む

 

『ミントの香りには、ワーキングメモリを向上させる効果がある』という実験結果が出ました。
180名を対象にした実験で、ミントの香りを嗅ぐことによってワーキングメモリが向上したらしいです。

 

休憩中にお茶を飲んだりする習慣がある人は、そのお茶を『ペパーミントティ』にかえてみると、
ワーキングメモリが向上し、仕事で活躍できるようになるかもしれませんね。

 

私はお茶を飲む習慣があまりないので、これを使っています。
ポケットに忍ばせておいて、気分が行き詰まった時に使ったりします。
頭がスッキリするので重宝しています。おすすめですよ。

 

 

7、スタンディングデスク

 

これまた面白い実験結果が出ました。
『スタンディングデスクを使った学生のワーキングメモリが向上した』という実験です。

これに関しては、体の動きとワーキングメモリが関係しているようです。
ドラゴン桜でも、英単語を体を動かしながら覚えるシーンがありましたが、
記憶と体には、綿密な関係があるということですね。

 

流石に座る机もありますが、本を読んだりする時には私もスタンディングの机を使うようにしています。

 

 8、瞑想

 

これに関してはかなりオススメです。
1年以上瞑想を実践していますが、集中力が飛躍的に向上しました。
『今現在に集中する力』は、現代の子は特に欠落しているように感じます。
なぜなら、広告が多く、集中力を奪われる機会がかなり多いからです。

 

馴染みがない人は、まずどのような効果があるのか知りましょう。
私がオススメする入門書はこちらです。
小説のように読めて、主人公が瞑想の力で様々な問題を解決していきます。
自分と姿を重ねれば、今抱えている問題が解決するきっかけにもなるかもしれません。

 

 

 

appleで有名なスティーブ・ジョブスも実践者でしたね。

瞑想も、ワーキングメモリの拡大に効果的です。
DaiGoさんは、「DNB➡︎瞑想➡︎DNB」といった流れでワーキングメモリを鍛えたりしています。

 

実践できるところからやってみよう

 

たくさんの方法がありますが、まずはDNBを習慣にしてください。
そうすれば、ワーキングメモリが拡大して、技術を習得するスピードが早くなります。

これから何か新しいスキルを身に付けたい人は、同時並行でワーキングメモリも増やす努力をしましょう。
そうすれば、効率的に新しいスキルがにつけることができるようになります。

 

けちろー
心理学の角度から日常を向上させる情報をつぶやくよ。参考になったらフォローよろしくね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元国体バスケットボール選手。群馬県にバスケットボールの『ストリートコート×カフェ×ファッション』のバスケを通じて人が出会える場所を作るために毎日奮闘中。ブログとFXをやっていますが、収益化したものを新しい事業に投資するためにやっています。小さく毎日コツコツと。お金よりも充実を求めます。