こんにちは、けちろー(Kechiro1919)です。

 

最近、漠然と考えることがあります。
それは、『自分自身の価値って、どれくらいなんだろう?』ということです。

 

普段、皆さんは自分の価値を考えたことがあるでしょうか。
『自分の価値=お金を稼ぐ力』と仮定をして話を進めて行きますね。

そもそも私はサービス業ですし、バスケットボールのコーチとして活動しているのですが、
バスケットボールのコーチは「自分の考え方」が資産になります。

 

なので、中々お金として計算することが難しいんですよね。
お金としての計算ができたらどんなに簡単だろうか・・・

 

だって、そうしたらお金になりそうなスキルを身につければ簡単に稼げるわけですよね?

 

『レイアップ教えることができたら1000円の価値だよ』

 

みたいなのが分かれば、1000円分のスキルだぜ!!!!
みたいな感じでスキルが身につけられるわけじゃないですか?(笑)

 

まあそんな単純な話ではなくて、
色々な要因が複雑に絡み合っているわけですよね?
お金を生み出すためには、コミュニケーション能力もそうですし、
マーケティング力も必要ですし、ある分野の特定のスキルも必要になってくるわけです。

 

最近気になる本を見つけまして、

 

 

「ドリルを売るなら穴を売れ」という本なのですが、
読んだことはないので(笑)何とも言えませんが、
おそらくマイケルベルフォード(ウォール街の狼と言われたマーケティングのプロ)の
ストレートラインの話と共通しているのではないかなーと思います。

 

ストレートラインとは、物を売る時に、売りたいものが必要な状況を生み出すことを指しています。
つまり、ドリルを売りたいのであれば、「ここ掘った方がいいっすよ」みたいな穴を紹介するということです。

 

そうすれば、ドリルが必要になるので、ドリルを買わざるを得なくなりますよね??

 

話がだいぶ逸れましたが、
こういったマーケティングに関する能力も必要になってきますよね、お金を稼ぐためには。

果たして、もっとシンプルに考える方法ってないのかな・・・。

 

そんな時にですね、すごく心に響いたフレーズがあったのでご紹介します。

武井壮さんの言葉です。

 

『人が求める数が人の価値になる』

 

この言葉を聞いた時、すっと腹落ちしました。

 

誰かが、こいつすげえわ!とか、
この人から教わりてえ!とか、
こいつといるとおもしれえ!とか。

もっと色々あるとは思いますが、
「どれくらいの数の人にそう思ってもらえるか。」というのが
そのままその人の価値になります。

 

そして、そういう人は間違いなく人を動かす力を持っています。
「この人が言うなら、買ってもいいかな?」
「この人から頼まれたんじゃしょうがねえ、やるか。」
こう言う風に人を動かすことができます。

 

つまり、自分を求める人の数が増えれば増えるほど、
自分の価値は高まっていく
ということになるんです。

 

私の大好きなバスケットボールプレイヤーに、
『プロフェッサー』というバスケットボールプレイヤーがいます。

 

とあるYahoo!知恵袋でこんな質問がありましたので、引用させていただきます。

 

Q,AND1のプロフェッサーがNBAに出たらどうなりますか?通用しますか?

A,非常に難しいと思います。
彼はPrivate Salem Academyという高校を出てきます。
最終学年時は平均20得点7アシストを記録しましたが、
どこの大学からもスカラシップオファーがこなく、
Chemeketa Community Collegeへ進路を進めました。

NBA選手になれるクラスの方々は、バスケット競合高校へ行き、
いろいろなオファーを受けて、名門校へ行くのが一般的だと
思いますので、彼は元々それほど評価されなかったということです。

やはり1番ネックになるのはフィジカルでしょう、
1.78m70kgでは、やはり厳しいと言わざるを得ない。
無論、ボールハンドリングは見事だと思いますが、
ガードの生命線であるパスセンス・シュート精度・スピードなど
では特に際立った能力があると感じません。

よってNBAには通用しないだろうと判断しました。

 

これを見て、皆さんはどう思いますか。
やはり、なーーんだ。すごくないんだな。
と思うでしょうか。

 

私は、勇気をもらうことができました。
『体格に恵まれなくても、こんなに上手にバスケットをやって有名になることができるんだ!!!』
そう思いました。

 

※彼のプレイ動画です。

 

私のように、自分の姿を見て、「私にもできるかもしれない!!!」と人に勇気や希望を与えることができるのも、その人の価値なのです。

 

なので、まずはどんな人間が人には求められるのか?
また、どういった分野で自分はだれかに貢献することができるのか?

こういった質問の解答を導き出していき、
それを行動に落とし込んでいくことによって、自分の価値は上がっていくし、
それがお金を稼ぐ力へと変わっていくのではないでしょうか。

 

人の価値=その人を求める人の数の多さ

 

この考え方をしっかりと身につけて行動していくことが非常に大切だと思います。

 

けちろー
自分の価値を高めていくと考えると何をすればいいか分からなくなりますが、どのような行動が人から欲しがられるのかを考えれば、行動が起こしやすくなりますよね!自分の価値を高めるために、どんどん人に貢献していきましょう!!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元国体バスケットボール選手。群馬県にバスケットボールの『ストリートコート×カフェ×ファッション』のバスケを通じて人が出会える場所を作るために毎日奮闘中。ブログとFXをやっていますが、収益化したものを新しい事業に投資するためにやっています。小さく毎日コツコツと。お金よりも充実を求めます。