天才的な頭脳を作るたった1つの習慣 part1

こんにちは、けちろーです(eEkK1919)です。

今回は、天才的な頭脳を作るたったひとつの習慣について紹介します。

結論を先出ししますと、
天才的な頭脳を作る習慣は、ズバリ!!「自分ノートの作成」です。

「ん?」っていう人がほとんどだと思うので、詳しく説明していきます。

 

天才の構成要素

天才の構成要素ってなんだと思いますか?
身近な天才を思い浮かべてください。
どんな要素を持っているでしょうか?

私は、一点突出型というよりはバランス型を目指しています。
天才はよく、「アスペ傾向がある」なんていわれたりしますよね。
その根拠は、「寝食を忘れて何かに没頭する」というところにあります。
そういうと、天才は何か偏っている人というイメージを持っている人がいるかもしれません。
(決してアスペのことを批判しているわけではありません。むしろいいなと思っています。)

ただ、私が目指しているものは、偏って天才ではなく、バランスの取れた天才です。

では、天才の構成要素について見てきましょう。

天才の構成要素は、「発想力」「表現力」「論理力」の3つであると考えています。

この3つに関して全て突出した能力を持っている人が、天才と言われるわけです。
どれかに突出している人もいるかと思いますが、それでは天才ではありません。
天才は、3つの能力を全て兼ね備えている人のことを言うのです。

ノートの作成で3つの能力を鍛える

実は、ノートの作成について参考にしている文献がありまして。

岡田斗司夫さんの「あなたを天才にするスマートノート」です。

是非一度目を通して欲しいです。
この記事を読んで、もっと詳しく知りたい!と言う人は本書を手にとってみて下さい。

さて。ノートの作成には、段階があります。
ポケモンにも段階がありますよね。
ヒトカゲがいて、リザードがいて、リザードンがいる。
これと全く同じで、ノートも段々と記入していくことを増やしたり変化させて進化していきます。

段階の全体像を見てみましょう。

ノート作成の7段階
①5行日記・・・・・・・・・・・・・・基礎
②今日はどんな日?(行動採点)・・・・基礎
③毎日、一見開き(論理訓練)・・・・・論理力、表現力
④見せてお話し(表現訓練)・・・・・・表現力
⑤臨界突破(脳内リンク開始)・・・・・発想力
⑥知識→教養→見識・・・・・・・・・・統合的人格
⑦世に出る・・・・・・・・・・・・・・自覚と覚悟

・・・の後には、鍛えることができる能力が書いてあります。
①〜進めていき、最終的には⑦に到達するわけですね。

「最初簡単すぎん?」と思う人がいるかもしれません。
その通り。でも、この基礎が大切になることは覚えていて下さい。

家づくりと同じで、しっかりとした基礎の上でないと丈夫な家はたちません。
基礎からじっくり固めていくことが、天才への近道です。

では、1つずつ説明していきましょう。

1、5行日記

一日を振り返って、その日に起きた出来事を名詞と動詞を使って5つ書いて下さい。

例えば、

スラムダンクを読んだ。
ドラマを見た。
ブログを書いた。

こんなのでOKです。
最初の段階はこれで終了。

そして、重要なポイントが1つあります。
ノートの右側から書くようにして下さい。
なぜかというと、まあ次の段階で使用するからなのですが。
今は気にしなくてOKです。

ノートを1週間で見開き1ページ使うようにしましょう。
右ページを1週間で分割して、7つの枠にします。
B4サイズのノートなら35行あるので、ぴったり5行×1週間(7日間)で35行埋まります。

第一フェーズは以上で終了です。
左の空欄はそのままで結構ですので、五行日記をしばらく継続してみましょう。

書くだけでも得られる驚きの効果

実は、第一段階を続けているだけでもたくさんのいいことがあります。

参考にしている文献の著者の岡田斗司夫さんは、躁鬱に苦しんでいた時期があったそうです。
ですが、その鬱症状がいつの間にか改善していたとの体験を報告しています。
また、多くの実践者から「鬱症状の改善」の報告が多数寄せられています。
このことから、ただ日々の行動をつらつらと書いていくだけでも日々にいい影響を及ぼすようです。

なぜでしょう??

それは、「嫌な行動を避けるようになるから」です。

詳しくは、第二段階の行動採点に含まれてきますので、
下の段落にお譲りしましょう。

2、今日はどんな日?(行動採点)

5行日記をつけることが習慣になったら、第二段階に進みます。
それは、行動採点です。

自分の書いた一行の文に対して、0〜5の6段階で評価をして下さい。
例えば、

・朝6時に早起きした。・・・3
・学校で宿題忘れて怒られた。・・・1
・ブログを書いた。・・・4
・バスケをした。・・・3
・簿記の勉強をした。・・・5

こんな感じでOKです。

この作業をしていくと何が起こるのでしょうか。
前の段落で述べたように、「嫌な行動を避けるようになる」のです。
人間の本能には、嫌なことを避ける性質が元々備わっています。
一日の行動を見える化してあげることによって、本能が働いて嫌なことを避けてくれるのです。

そうすると、「嫌な行動を避ける」もしくは、「嫌な行動を避けるためにはどうすればいいのか」
を考えることができるようになるのです。

よって、日々の生活から嫌なことが減少し、逆に嫌でないことが増えていくことになります。

なぜこの点数なのか、理由を考える。

慣れてきたら、なぜその点数なのか書くようにしましょう。
点数の理由です。

a.朝6時に早起きした。・・・3
b.学校で宿題忘れて怒られた。・・・1
c.ブログを書いた。・・・4
d.バスケをした。・・・3
e.簿記の勉強をした。・・・5

a.朝早く起きることができたが、スッキリした目覚めではなかったので3点。

こんな感じで理由を書いていきましょう。

皆さん、お気付きでしょうか。
そうです、ついに左ページの登場です。
ここまで継続して左ページを開けたままにしておくと、「もったいない。何か書かなきゃ。」という思いが出てきませんか?
その点数をつけた理由を、左ページに書いて下さい。

これも人間の本能です。
人間はバランスをとります。極端が大っ嫌いです。
なので、左が空いてると気になってしょうがない。何か書きたい。
なので、右ページから書くんです。
その本能を活用して、かける量をぐんと伸ばしちゃいましょう。

左のスペースは、基本的に何を書いても構いません。点数の理由や、その他日常で思ったことや考えたこと、悲しかったこと、楽しかったこと、なーーーんでもOK。

左のスペースは、発想力や表現力を鍛える部分になっています。なので、とにかく思いついたことを書く。
最初はそれでOKです。

これだけでも感じられる日常の生活の質の向上

これだけでも、あなたの生活はみるみる変わっていきます。

「生活の向上」というよりは、「嫌なことの減少」です。

是非、この作業をしばらく継続して見て下さい。
どんどん変わっていく自分の生活にびっくりするはずです。

分量が多くなってしまうので、後のフェーズ(段階)については、後々まとめたいと思います。
まずは、この作業を継続して書くことに慣れましょう。
続けていく中で、自分の思考の変化、物事について『なぜ?』と考えるようになっている自分が現れてきますよ。楽しみにしていて下さい。

けちろー
人生を豊かにする方法を発信しています。理想のお金、容姿、人格、頭脳を手に入れるため月50冊以上のインプットとブログ毎日更新のアウトプットをしています。フォローよろしくお願いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

全部そこそこ人間▶︎元国体バスケ選手▶︎横国卒▶︎社会人1年目でメンタルブレイク▶︎ブログ始める▶︎人生変わる←イマココ▶︎強みは感謝ができること(VIAより)▶︎目標は会社の縛りから解放されて自然の中で暮らすこと▶︎科学的に人生を変える方法を発信してます。▶︎論文を中心に毎日読書してます。