こんにちは、けちろー(Kechiro1919)です。

 

地位とか名誉とか富とか名声とか。
皆さん欲しいですよね(笑)

 

僕もめちゃくちゃ欲しいです。
地位とか名誉とか。
でも、そういうのに幅利かせてるおじさんとかは嫌いなので、
そうはなりたくないなーとか思いながら(どっちやねん)

 

でも、やっぱり欲しいなーと思ったり。

 

みんないろんな理由があって頑張っていると思います。
何かしら背負っているものもあるのかもしれません。

 

でも、楽しく人生を過ごしたいですよね?
苦しい人生は嫌ですよね。

 

実は、富とか名声欲しさに何かを頑張ろうとする場合、
その活動は非常に苦しいものになってしまうんです。

 

とにかくつまらない。退屈。
早く終わらないかなーと時計ばかりを気にしてただ時間ばかりが過ぎるのみ。

 

そして、大して目標達成していない自分に嫌気がさして、自己嫌悪。
そして酒を飲む。(私だけかもしれませんが笑)

 

富とか名声とかは、外側からの評価を気にしています。
これは、外発的動機といいます。

 

有効に働くこともありますが、
自分自身の生活の質を高めるという部分で考えるのであれば、
あまり有効に働いてはくれないようです。

 

 

※参考文献

 

 

 

では、何がみんなの人生を幸福へと導いてくれるのでしょうか?

 

内発的動機が幸福を作る

 

外発的動機は外側から与えられる報酬なのに対して、
内発的動機は自分自身の内側からこみ上げてくる「達成感」「充実感」のようなものを
指しています。

 

この内発的動機をいかに生み出すかが、幸福を感じるかどうかの大きなポイントになります。

 

いっくら優秀でお金を持っていたとしても、
この内発的動機がない限りは、中々幸福感を感じることができません。

実際に私は『元国体選手』で『横浜国立大卒』です。
もう上には上がいるので、
「そんなもんかよ」と思う方もいるかもしれませんが、
地元ではそこそこはハイスペック人間だったわけです。
※地元は群馬です。I LOVE 群馬。

 

でも、当時の僕は全く幸せを感じませんでしたし、
それよりも不安感の方が強かったです。

 

それは、周囲の評価を気にしながら生きていたからなんですね。
常に「周りからどうみられるだろうか」ばかりを気にして過ごしていました。

 

思いっきり羽を広げられることもなかったし、
相手の顔色ばかり伺う日々は苦しかったですよ。

 

だから、あまり自分のスペックだったりはそれほど
幸福感には影響しないということ
です。

 

では、一体どうしたら幸福感を感じることができるのでしょうか。
それは、『本当にやりたいことをやって、その過程を楽しむこと』なんです。

 

ポイントは、『過程を楽しむ』というところにあります。
達成した報酬を喜ぶのではありません。
やっている最中の過程自体を楽しむのです。

 

すごく難しく感じるかもしれませんが、
ゲームをやっている時なんかは時間を忘れませんか?
『え、もうこんな時間??』みたいな感覚ですね。

 

これが、過程を楽しむということなんです。

 

私も小さい時は父親とマリオブラザーズをやって
よく時間を忘れて母親に怒られました(笑)

 

しかも、そういう状態の時って、
やってる対象がすごく上達するんですよね(笑)

 

ゲームだって過程を楽しんでたら
キャラクターの名前とか覚えちゃうじゃないですか。

 

ポケモンとか151匹全部言えましたし。
(昔ですみません笑)

 

英単語150個覚えろとか言われても
まず無理だと思うじゃないですか(笑)

 

つまり、過程を楽しめば楽しむほど、
それに関係したスキルも向上して行くんですよ。

 

エジソンとかニュートンとか、偉大な発見や発明をした人もそうです。

『この研究が成功したら、お金めっちゃもらえるからがんばろーーー!!!!!』

って思いながら研究してないですよ。
研究自体が楽しくてしょうがなかったはずです。

 

つまり、地位名誉を求めても、幸せになれる確率は低いですし、結果もでにくいです。
むしろ、苦痛な時間の方が多いのではないでしょうか。

 

なので、『自分が過程を含めて楽しめるものってなんだろう』という問題を自分に出して、
その出来事に自分の時間を割いて熱中した方が、幸福度が上がって行くと言えそうです。

 

 

辛いことはしなくていいのか?

 

こういうと、
『じゃあ1日ゲームしていてもいいのか』とか、
『1日漫画でもいいのか』という問いが出てくると思います。

 

結論は、「自分が幸せならそれでいい」です。

 

別に誰に認められる必要もないですし、
自分の人生なので自分でデザインして行けばいいんです。

 

ただ、人間は集団でないと生きて行けない動物です。

誰かの貢献なしに生きて行くことはできません。
そもそも仕事というものは、一人では限界なので、
仕事を分担したという背景があります。

 

家事と仕事もそうです。
旦那が仕事、妻は家事。
これも分業です。どちらが優れているなどはそもそもありません。

 

なので、自分の好きなこと、熱中できることで

『誰かに貢献すること』
『誰かの役に立つこと』

 

を考えましょう。

 

ゲームであれば、実況してゲーム好きな人を楽しませてあげたり、
漫画であれば、悩んでいる人に夢を与える漫画10選のような
自分のおすすめをまとめてみてもいいかもしれません。

 

このように、自分の好きな分野で誰かに貢献できないかという思考こそ、
これからを幸せに生きて行くために必要な要素
になってくるのではないかと思います。

 

もしも、今中々幸福になれない人がいるならば、
自分が熱中できることで『誰かに役に立つこと』ってなんだろう。
または、どうすれば役に立てるだろう。と考えてみてください。

 

幸福な人生はその答えの中にあるかもしれません。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元国体バスケットボール選手。群馬県にバスケットボールの『ストリートコート×カフェ×ファッション』のバスケを通じて人が出会える場所を作るために毎日奮闘中。ブログとFXをやっていますが、収益化したものを新しい事業に投資するためにやっています。小さく毎日コツコツと。お金よりも充実を求めます。