国体選抜に選出され横浜国立大学現役合格!!そんなけちろーが教える部活と勉強で結果を出す方法!!

こんにちは、けちろー(eEkK1919)です。

 

今日は、国体選抜に選ばれながら有名大学に進学したけちろーの運動と勉強の両方で結果を出す方法についてお話ししたいと思います。

 

友人
友人

自慢話かなんか??

けちろー
けちろー

ちちちがうよ!!!!

 

私は高校3年次にバスケットボールの国体選抜に選ばれ、また現役で横浜国立大学に合格しました。

 

おそらく高学歴の人からすると、全然じゃん!!!!!て感じだし、
運動を頑張っていた人からすると、全然じゃん!!!!って結果だと思います(笑)

 

ただ両方の分野でまずまずの結果を出す人は
それほど多くなく貴重かなと思います。どちらの分野もエキスパートではありませんが、
普通の人よりはちょっとできる程度ですね!!(笑)

 

文武両道=どっちも中途半端

 

という認識が
けちろーの中にもあります。

 

どちらか一方に突き抜ける恐怖と不安も知ってます(笑)

 

ただ、

 

進学校だけど部活を頑張りたい!!!という人
運動メインだけど大学に進学したい!!!という人

 

という人たちもいると思うので、
そういう人たちが何かを得るきっかけになればと思います。

 

今回は、勉強メインでお話を進めていきますね!!!!

 

ではでは、行きましょうーーか!!!!

 

友人
友人

しょうがない、少し聞いてやるか・・・

 

 

そもそもなんで勉強するの???学校めんどくさいよ・・・。

そうなんですよね。学校はとてもめんどくさい。
やりたくない科目もあるし、興味がない分野の勉強もしなくてはならない。
正直私も「勉強なんて意味あるの?受験の道具でしょ??」という認識で勉強していました(笑)

 

ただ、社会人になっても読書等新しい知識を勉強していく中で、勉強する意味が見えてきた気がします。

それは、

「自分の興味の幅を増やすため」

だと思います。

 

人は、自分が知識のない分野に興味を持つことは考えにくいです。
なぜなら、分かんないからです。
人間の分かったという感覚は、自分が持っている知識と情報が、ある事柄と結びついたときに起こる現象です。

 

なので、そもそもの知識量が少ない人は、分かったという感覚を抱くことが少なくなりますよね。なので、興味の幅もグンと狭くなってしまうんです。

 

友人
友人

逆に知識がある人は、興味のアンテナが高いってことか????

けちろー
けちろー

そういうこと!!!!

 

人間がもっとこの分野について勉強したい!!!!とか
こういう仕事やってみたい!!!!!と思う入り口は、興味です。

 

なんだこれ?とか
どーなってんだ???とかとか。

 

その分野に興味を持つことが入り口になります。
なので、小学校や中学校で基礎的な学力の定着を強制しているのは、
その後の興味の幅を増やして自分で学習したいと思う能力を獲得するためだと考えられます。

 

友人
友人

じゃあ、学校は絶対必要ってことなんだな????

けちろー
けちろー

そうとも限らんと思う。

 

どっちやねん。って感じですが、
今はたくさんの勉強するツールが存在します。
インターネットのおかげでわざわざ先生のところへ行かなくても勉強ができるようになりました。

 

人によってはインターネットで学習する方が効率がいいときもあります。が、それはあくまで自分の意思が明確な場合。
単純に学校がめんどくさいからという理由でいかなくなると、
「ちょっと危ないかもしれんな」
というのがけちろーの意見です。

 

ただ、自分の人生。学校に行くことが全てではない。ということは必ず頭に入れておかなければいけないことだと思います。

 

学歴社会は終わらない

 

今は学歴関係なくて、実力の時代だ!!!!!という言葉をよく聞きます。
が、学歴社会全然終わってなくないですか!笑

 

正直、未だに大学が持っているブランド価値というのは強いものがあると思います。

 

なぜ、実力社会と言われながら学歴が今だに影響を及ぼすのでしょうか?
原因は、

ハロー効果

という現象です。

 

 

友人
友人

それ知ってるぞ。1つの分野の結果がすべての分野に影響を及ぼすってことでしょ???

 

 

その通り。1つの分野で飛び抜けて成績がいいと、ほかのところまで高く評価してしまう現象です。結構有名ですよね。

 

友人
友人

ハロー効果なんかに騙されないよ??

 

けちろー
けちろー

ハロー効果の怖いところは、騙された本人も気づかないってところなんやで。

 

 

って言っても、絶対騙されない!!!!私は人の本質を見ている!!!!!
って思うじゃないですか。私もそうだったんですけど(笑)

 

面白い実験があってですね。

1974年のカナダの実験で、
選挙の調査で、イケメン政治家はそうでない政治家の2.5倍もの票を獲得していたんです。
ここで大切なのは、「イケメンに投票した理由」なんです。
投票者たちの73%は、「私が投票したのは彼がイケメンだからではない」と思っていたのです。
それだけでなく、投票理由に「人柄が信頼できるから」とか、「経済政策に期待できるから」とか、「実績があるから」など、容姿とは別の理由で投票したと思い込んでいたのです。

この結果をどう判断するかは皆さんにお任せしましょう。
たまたまのなのか、それとも・・・(笑)

 

 

こういう話が好きな人は、
「Fast &Slow」と「人生は、運よりも実力よりも勘違いさせる力で決まっている」でがオススメです。この実験も本書から引用させていただいております。

 

 

けちろー
けちろー

ダニエルカーネマンさん、ふむろださん、ありがとう。

 

つまりですね何が言いたいかというと。

 

学歴を獲得することができれば、ほかの部分も優秀に見せることができる可能性が上がる。ということなんです。

 

仕事の実務のことや仕事ができるできないに学歴は全く関係ないと思います。
ただ、人々の信頼を獲得する上では、学歴はあって損にはならないのではないかと思います。

 

友人
友人

学歴なしの状態から成り上がったほうが話題性があるとか色々あるんじゃない??

 

確かにその通りですが、そういった場合は他に成功を収める必要がでてきます。
学歴があればほかの部分も優秀に見せることができるという事実があるのなら、高い学歴を持っていても損にはなりません。

 

なので、とりあえずやることが見つかっていない人は、今後の信頼獲得をスムーズに行うためにとりあえず高学歴を目指すべきだと思います。

 

では、本題の国体選抜に選ばれながら第一志望の大学に合格したけちろーの部活と勉強で結果を出す方法について語っていきますね。

国体選抜に選ばれながら第一志望の大学に合格するために必要な3つの力

では、その3つの力についてお話ししていきます。
ちなみにセンター試験の結果は8.5割でした。

正直私は頭の回転が遅いし、理解力もそこまで良くないと思います。
みんなが1回言われて理解することは、2、3回言われないと理解できません(笑)
こんな私でも8.5割は行けたので、皆さんもこのくらいなら到達できると思います。

1、今を生きる力〜とにかく今に全力投球!!〜

 

まず部活を頑張っている子は、時間が足らなくなります。
私も平日20時くらいまで残ってシューティングしていたので、
勉強に関しては確保する時間が本当に大変でした。

 

友人
友人

じゃあいつ勉強するの?????

けちろー
けちろー

あるじゃないですか。唯一勉強できる時間が。

 

そう、授業です。

私は、とにかく授業中で得れるものは全部得てやろうという気持ちで勉強しました。
もし、授業がすでに知っていることやあまりためにならないものと判断した場合は、
こっそり別の勉強をしていました(笑)

 

大切なのは、今現在に集中する力です。
この時はそれに気づいていませんが、限りある時間を最大限に活かすには、
今に一生懸命になることが最重要事項です。

 

授業にしろ部活動にしろ、限られた時間の中でいかに向上させるかという視点を持ち合わせていないと、内容の質が上がっていきません。

時間は何かをやめれば生み出すことができますが、まずは現在の生活リズムでどういう行動をすれば最大限の結果を得ることができるのかという視点が大切です。

 

今に集中する力を身につけるには、瞑想が一番です。
社会人になってからけちろーも寝る前に実施しています。
瞑想入門書としては、この辺りがオススメです。

 

瞑想の効果も詳しく書いてあって、主人公が瞑想の力で問題を解決していくストーリーなので、面白く読み進めることができます。

2、習慣の力〜机に向かうルーティンを作る〜

 

私は、勉強するルーティンを作っていました。
学校から帰宅して家に着くのが21時。そこからご飯食べてお風呂に入って22時。
その後、就寝です。

 

友人
友人

寝るの早っ。

 

大体22時前くらいには疲れて寝てしまいました。
勉強してないじゃん!!!!!って思いますよね。

 

けちろー
けちろー

勉強は、朝やっていました!(笑)

起床するのは朝5時です。
そこから机に向かって勉強しました。大体2時間半くらい勉強して、家を8時に出るくらいですね。

朝の時間はすごく集中できます。空気が静かです。心も穏やか。

逆に休日も、このくらいの時間に勝手に目が覚めるようになりました。
体に習慣として染み込んだ結果です。
しかもですね。

 

けちろー
けちろー

机に向かわないとなんか気持ち悪い(笑)

ここまできたらもう勝ちですよ(笑)

新しい習慣が身につくのは21日間と言われているので、
最低1ヶ月は継続して行ってください。

そうすれば、勉強しなければいられない体になってしまいますよ。

 

ちなみにシェアハウスしている友人は、筋トレ中毒者なので、
いつもダンベルを探しています。
これも習慣ですね。苦しいことは好きではないけれど、

 

友人
友人

自分の体に申し訳ない。

 

から筋トレを続けているそうです。
どうやら習慣として身につくと罪悪感まで出てくるらしいです(笑)

 

習慣についてはDAIGOさんの本が読みやすくてオススメです。

 

3、継続する力〜積み重ねが最強〜

 

あと必要なのは、継続する力。
毎日続けるんです。

今を生きる力で目の前のことに集中し、
習慣の力で勉強のルーティンを作る。
そしてそれを継続してやり抜きます。

 

ぶっちゃけこれができれば大学入試なんて楽々突破できるはずです。
でも、これが難しい。
継続するということにも才能が必要なんじゃないかと思うくらい難しい。

 

でもですね、継続するにはコツがあるんです。それは、

完璧主義を止めること

です。

 

いやいや、毎日って言うたやん。と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、
ここがポイントなんです。
何かの都合でやらない日があってもOKという心構えの方が、継続できます。

 

完璧主義だと、1日休んでしまった自分が許せません。なので、モチベーションが下がり
継続することが難しくなります。

 

もっと適当に、ラフに構えましょう。

 

友人
友人

今日できなかったや〜まあ、いっか。って感じ?

 

 

そんな感じでOKです。
今日できなかったことよりも、次の日から継続をパタリとやめてしまう方がもっと悪いです。
時にはできないこともあります。それでOK。明日からやりましょーよ。

頑張り続ける力をGRITと呼ぶのですが、GRITについてはこの本が参考になりますよ。

 

今を生きる力、習慣の力、継続する力の三本柱で合格を勝ち取れ!!!

 

この3つの力を心に根付かせることができれば、まず大学受験は成功すると思います。
そして、その後の社会人としても大成するでしょう。
なので、受験のノウハウも大切ですが、もっと根本にあるものを変える努力をしてみて下さい。
そうすれば、自然と受験のノウハウも身について行くと思いますし、受験のその先にも繋がっていきます。

 

正直、勉強は周囲の信頼を得る上でイージーな選択肢です。
なぜならば、やればできるようになるのが目に見えているから。
やって結果が出ることを頑張るのは簡単です。

 

難しいのは、努力が報われない世界です。
部活動は本当に努力が報われません。
私が国体選抜に選ばれたのも本当にたまたまです、運がよかったからです。
練習時間と勝利が比例する世界ではありません、どれだけ練習したってサボりまくっているチームに負けることだってあります。

 

そういう努力が報われない世界でも頑張り続けている人は本当にすごいです、かっこいいです、尊敬してます、サイン下さい。(笑)

 

上にあげた3つの力があれば、部活動をやっていてもきちんと受験で結果を出すことができますよ。一番いけないのは、焦って中途半端になることです。

 

一歩ずつ一歩ずつ。ゆっくり進んでいきましょう。

 

けちろー
けちろー

けちろーおじさん応援してるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元国体バスケットボール選手。群馬県にバスケットボールの『ストリートコート×カフェ×ファッション』のバスケを通じて人が出会える場所を作るために毎日奮闘中。ブログとFXをやっていますが、収益化したものを新しい事業に投資するためにやっています。小さく毎日コツコツと。お金よりも充実を求めます。